相続 税理士 相続を税理士に頼む際の流れについて(有料になる境目と全体の料金) ①相談 ②見積(財産評価?)

税金 | 会計、経理、財務203閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。参考にさせていただきます。

お礼日時:2021/12/4 19:46

その他の回答(9件)

0

内容が判明している財産についての見積もりは出せるが、 判明していない財産について追加コストは見積もりのしようがない。 預金や上場株式ならさほどの手間でもないが、不動産や非上場株式などだと大きな手間が発生する事が多いからだ。 判明している財産について、一覧表を作って持っていけば、その分についていくらでやってくれるのか?ところくらいまでは無料で相談に乗ってくれるだろう。

0

1億未満1% 超えた分0.5%でした。変な話ですが家土地などがあれば司法書士も同額程度、銀行回りなどの解約、回収手続きも信託会社に依頼すると1%はかかります。その他印紙代等も凄くかかりますよ。信託会社使わないと銀行周りなど大変ですよ。

0

税理士と言う人が回答していますが当然です 私が扱った仕事で財産は少ないというのがあり調べていったら土地の相続登記を全然していなくて明治から調べたら100人近い人に関係者がおりその人たちにはんこうをもらうのにも非常にかかり土地も膨大な広さで都道府県にあり依頼した人も知らない土地が沢山出てきてそれを調べて評価するのにも大変だったのがあり関係者から委任状をとるのにも大変でした

0

税理士です。 相続の見積もりは正直、困ってしまいますね。 理由は何も書類が無い状態だと見積もりのしようがありません。 財産はある程度、把握している。 これがどの程度を指しているのかがここではわかりません。 財産総額に対してのパーセンテージです。 私の事務所ではおおむね0.7%が多いですが、 財産の内容によっては評価が難儀であったり 土地数が多かったりすると割り増しをしたりします。 何も無い状態で『見積出してください』は見積もりのしようが ないです。となってしまいますね。 ある程度、相談時点で書類を提示した上で見積もりを依頼するなら ざっくりとは提示できますが、実際に進めていく上で 見積もりより工数が生じれば料金も割り増しとなる事もありえます。 見積もり通りの金額で最終的に請求できるかどうかは 正直、わかりません。あと、最低ラインは設けていますので 必ず0.7%になるとは限りません。 他の事務所でも最低〇〇万円~という報酬になっていると思います。

0

相続税の手続きを頼むことになります。 その前に準確定申告、亡くなった方の1月1日から 死亡日までの申告を先にします。 で、相続税の申告書の作成が税理士の範疇。 資産ですが預金、株は自分でもできますが 不動産があると非常に難しい。 相続財産の価額を算定するのは不動産鑑定士です。 個人だと、そういう専門家を探すのも難しい。 税理士は付き合いがある人に依頼します。 相談もどういう内容化によると思う。 主さんで出来るか否か、は何とも言い切れない。 儲けたければ専門家に頼めと言います。 税理士の報酬は目安があります。 それ以外に各種の書類、不動産登記の書類等を 取る事務費、郵便代、その他の諸経費が上乗せされます。