日本で同性婚を認める認めないという話になると、認める必要性があまりないと言う人がいるのですが、逆に同性婚を認めている国はなぜ認めているのでしょうか。

ベストアンサー

0

>近代の文化は常に男性と女性の役割があってそれを維持した方が、社会が安定しますよね?って考え >一方で同性婚を認める人たちは、そもそも人間に男性と女性しか居ないなんであり得ないと考え この二つの対比すごく分かりやすかったです。前者の考えすごく古めかしいと思いましたし、男女以外も居るのが当たり前だと思って育ってきたのでしっくりきました。 加えての質問で申し訳ありませんが、前者の考えのような人が後者の考えのようになるよう説得か理解してもらうにはどうしたら良いと考えますか? また、同性婚というマイノリティより異性婚というマジョリティに金を掛けるべきだ(マイノリティは気にしない)という主張についてどう考えますか?

その他の回答(3件)

0

そもそも婚姻制度というのは 私人間の身分・財産にかかる法律問題を画一的簡易に処理し 社会保障費を私人に負担せしめる為に 国が採用しているシステムです。 ですので 国によって内容はまったく違います。 一夫一妻制もあれば 一夫多妻もあるし 一妻多夫制もあります。 いずれにせよ 法律婚を採用する人間が多い方が国にとっては便利なので 社会が容認しやすいように制度が作られます。 同性婚が採用されている国は 同性カップルの、主に男性カップルが ある程度社会的地位を持っている国です。 そういう男性が法律婚をしてくれる方が国は助かるので そうなります。

回答ありがとうございます まだ日本では社会的地位が低いということなのですね。 マイノリティ当事者の権力の強い人や有名人が次々出てくるようになったら そのときには何かしらあって欲しいものです

1

日本だって同性婚は認めないけどパートナーシップ制度を導入している自治体は多くあり今後全国展開していくと思います。 パートナーシップではなくなぜ同性婚を認めさせようとするのでしょうか?結局は金なのかな?って邪推したくなります。

1人がナイス!しています

ご回答ありがとうございます。 個人的に認められている単位が自治体ではまだまだ弱いと思ってしまいます。多いとは言いますが正直なところ都会圏ばかりですし。 また、パートナーシップでも私は良いと思います。便宜上同性婚という名前を使ったのみです。そこに差は見ていません。

0

日本では、同性婚あるいは、色んな性的自認によって婚姻を認めることに値して、伝統的な「家族制度」が、「崩壊」すると、かくする人々が少なからずいらっしゃるからなのでしょうね? しかし、「封建的家族制度」ないし」家父長制」が崩壊して77年経っていますが。