ID非公開

2021/12/4 17:58

55回答

人生とはそういうものでしょうか? 20代最後の年なのですが将来に対して何もワクワクしません。

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/12/4 19:17

漢としての苦労を山ほど背負いコソッと真夜中にBMWで駆け抜ける人生も悪くないですね。

その他の回答(4件)

0

質問者さんと条件が近いのでお答えします。 私も全く同い年、外資勤めで年収800万。3歳下の彼女と結婚を前提に付き合っています。 というわけでほぼ同じ条件じゃないでしょうか? ただ、貯金は1700万円あります。なぜなら、彼女と家賃や食費等の生活費を全て折半しているからです。つまり、結婚はともかく同棲は金銭的にとても大きなメリットがあります。 将来にはワクワクしますよ。いつか海外で仕事したいとか、もしくは一度仕事辞めて留学したいとか、色々想いが巡ります。趣味の旅行でも、アフリカの全部の国を踏破したいと思っています。 もしかしたら、その彼女さんは本気で将来を共にしたいと思えるほどではないのかもしれませんね。

0

そうですね。人生は死ぬまでの暇つぶしですので。 結婚はメリットデメリットのみで考えると まぁデメリット大きいです。 私は、目先の損得勘定より「この人と、人生と墓を一緒にする」ただ感情論でそう考えて結婚をしました。 結果、なんか逆に資産が色々増えたので やりたいことやって死ぬをモットーに 妻と色々遊び回ったり色々経験して日々を楽しんでいます。 愛車はM235iの6MT。マニュアルで直6をブン回すのを楽しみながら妻と日本中のアレコレに遊びに行っていますよ。 まぁ大事なのは人生は死ぬまでの暇つぶし。 貨幣は経験と思い出の交換ツール。 墓や死後の世界に持っていけない。

失礼しました、脱線していましたね。 >>人生の先輩方に質問なのですが、30代超えてからワクワクや夢に走る思いなどは消えるのでしょうか? 結局男は子孫を残すために死ぬまで働くのでしょうか? 教えてください。 私は妻と結婚して逆に一緒に楽しむワクワクや、資産に余裕が出てきたので夢に走りっぱなしです。 子孫を残す為に死ぬまで働く、これはまだ資産運用次第ですが概ねそういう「結果」が多いですね。まぁ「過程」次第ではその結果が結構違って見えそうですが。