公務員の事務系(税務など)と公安(警察、消防など)だとどちらが給料高いですか?

この仕事教えて | 公務員試験98閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

給料表をよく見れば分かりますが公務員って基本給(単価)は何やってもほとんど変わりません。 なので殆どの場合給料高いとこは長時間勤務していて(残業が多い)その中でも特に泊まり勤務が多い(24時間以上のぶっ通しの勤務)場合に高くなります。 その他では自衛隊でヘリ乗るとかそういう余程特殊なことしないと給料は変わりませんよ。 なので警察官とかは泊まり勤務が沢山あって残業も多いので給料は高いでしょう。

0

行政系(事務)より公安系の方が、給料は高いです。 国家公務員ですと、税務は行政系より、1割程度、給料が高いので公安系と基本給はあまり変わらないですが、公安系は色々と手当てが付くので、やはり危険を伴う分、公安系の方が給料が高いです。

0

収入に関することは、団体・個人ごとに異なる状況に応じて変わるので、質問者さんが実際に勤務する場合の状況に合致した数字を示すのは難しいです。 その前提をお伝えした上で… 総務省が平成30年4月として公表している高卒者の平均年間給与(手当を含む額)データでは、都道府県の普通会計・一般行政職の場合は、勤務が2年以上3年未満297万円程・7年以上10年未満393万円程・20年以上25年未満650万円程となっています。 一方で警察職は379万円程・533万円程・812万円程となっていますから、警察官の方が高いです。 なお、このデータでは消防士は示されていません。 参考になれば幸いです。