コアキャッチャーも無い原発が、南海トラフ巨大地震でメルトダウン爆発した時、また海も大地も高濃度に汚染して国民も大量被曝するのでは? 。

画像

2人が共感しています

ベストアンサー

1
画像

1人がナイス!しています

汚染水が沖合いに到達すれば、あの福徳岡ノ場の噴火軽石を見ての通り、沖縄にも直ぐに到達。 対馬海流や黒潮にのり、日本海側も関東も汚染。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい説明をありがとうございます。 ググれない原発推進の人は、このベストアンサーの回答を見てお勉強してください。

お礼日時:1/12 0:23

その他の回答(2件)

4

コアキャッチャーすきだね~。 あの構造で後付けできるものなの? チェルノブイリで後付けした資料ってほんとにあるの。 資料とかリンク張らないのは無いからでしょ。 空想、妄想の中で設置しましったってことなの。 反原発派に不都合な回答でごめんなさいね。

4人がナイス!しています

原発推進の専門家は、揃いも揃って本当にコアキャッチャーが困るようだな。 既存の原発には地下にコアキャッチャー等、やめた方が良いだろう。 元々がボロ過ぎて廃炉にするしかない。 そして、事故ってしまって底が底抜けになってしまったのなら、構築して汚染を食い止めるべきだが、原発推進の専門家は、何故かそれも大、大、大っ嫌いなんだよな。 何故かは分かるが。

4

原子炉の下には基礎杭があるので既にある原発に後付けでコアキャッチャーつけるのは基礎ぶっ壊さないとできません。 建ってるところの基礎ぶっ壊して作り直した原発はどう考えても危険なので、稼働後の原発にコアキャッチャー後付けした例を聞いたことないのですが、どんな工法で施工するんですか。

4人がナイス!しています

原発推進に不都合な質問を見つけてしまい、原発Love様が顔を真っ赤にして怒りながら絡んで来るのも仕方がないのでしょうが、他の回答者様の回答を見て、勉強すると良いでしょう。 そして、原発Love様も質問に答えてください。 ↓ コアキャッチャーも無い原発が、南海トラフ巨大地震でメルトダウン爆発した時、また海も大地も高濃度に汚染して国民も大量被曝するのでは? で、またまたトリチウムも全く除去しない、他の核種も残ったままの汚染水を安全安心だとほざいて福島汚染水海洋投棄同様に、海へ放出ですか? もし原発過酷事故が進展し過ぎ、人が近づけない高線量になった時、高レベル放射性汚染水も永遠の垂れ流しで大気への放出も永遠に続くのでは?