原発推進の専門家が、「95mSv/年の被曝なら有意な危険性は無い」と語っていましたが、本当でしょうか?

3人が共感しています

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

3

<<原発推進の専門家が、「95mSv/年の被曝なら有意な危険性は無い」と語っていましたが、本当でしょうか? ↑↑ gt5=eyc=aag=maiさん、またまた、脳内妄想ですか?”専門家”が語っていた、と言うのなら、その発表がどんな媒体でどこでしたのか示して下さい。 もし、”専門家”とやらが本当に95mSv/yと言ったとしたら、そいつは”専門家”ではありません。gt5=eyc=aag=maiと同じただの素人です。 なぜなら、原子力の職業人なら、50mSv/y、もしくは100mSv/5yで管理していることを知っていますから。 <<福島原発がメルトダウン爆発して被曝から三年目に、小児癌も激増状態になってしまいました ↑↑ また、これか。 そんなこともないのに、いくら叩かれても理解できず、同じことを書き続けている。みっともないとは思わないのかね。 <<もしかしたら1000ミリシーベルト超えの被曝だったのでしょうか? ↑↑ 福島県の汚染や空間線量は公開されているから見てみるんだね。1000mSvなんて所はないよ。 あ、違うと判っていて書く確信犯だったっけ? gt5=eyc=aag=maiさんは、以前に比べ、書くことがだんだんバカバカしくなってきているね。 何かあったんだろうか? もう書くことが無くなったんだろうか?

3人がナイス!しています

6

>原発推進の専門家が、「95mSv/年の被曝なら有意な危険性は無い」と語っていましたが、本当でしょうか? これは事実でしょうか? 原発推進の専門家と言うのは具体的に誰のことで、専門家として著作なんかあったら示してください。 >福島原発がメルトダウン爆発して被曝から三年目に、小児癌も激増状態になってしまいましたが、それはやはり100ミリシーベルト以上の被曝があったという証拠なのでしょうか? 被曝してから三年目に小児がんが激増?そんなニュースでもありましたっけ、福島県の大規模スクリーニングで一巡目は26万人です。その中からA判定二百人が出た。 26万人は激増だ!と言ってたと思いますが、スクリーニング検査の数が激増ですか。スクリーニング検査で26万人中二百人とは激増なんですかね 26万人が→小児がん激増という事になりますか。 それにスクリーニングは甲状腺ガンに対して行われたのであって、小児がんではあり得ません。 被ばく線量は、福島原発事故後速やかに、放射能濃度があらゆる場所で測定されて、それどころか全国の放射能濃度一覧で九州北海道でも選ばれて測定されていました。 いつでも一時間当たりの放射能線量が表示されます。それから年間放射線量が算定されます。 あなたは福島でガンになった人全員から被ばく量が算定されると思っている様な書き方ですが、そんな事はありません。ガンになる理由は様々な個別の理由です。 福島で甲状腺ガン罹患者は2016年から2018年まで10才から14歳まで計8人。15才から19歳までが32人、この数字は他県に比べたら3倍くらい多い。 おかしいと思いませんかいわゆる小線量被ばくは広範囲に起きたのにたった3倍程度の数字ですんでいるんですかね。他県の場合は甲状腺に異常の自覚症状がある人の罹患者数です。スクリーニングでは自覚症状のない人も早期発見します。従ってスクリーニングが保険診療になって、医師も自覚症状の有無にかかわらず甲状腺診断数を増やした韓国では甲状腺ガンが激増したと言う話は有名な事実です 甲状腺ガンが激増はしたが死亡率になんらの変化はなかった。と言うのが結論です 福島県民の被ばく量は多くても年間3ミリシーベルトが多いようです。平均すれば2ミリシーベルトだそうですがこの線量が生涯にわたって致死的ガンの発症率を高めるとは認められていません。ICRP(国際放射線防護委員会)のLNT仮説を採用しても100ミリシーベルト以下の被ばくでは他の要因に紛れて、がん死亡率を高めるのかどうかは計測など不可能、事実上高めないと同じと認めています >一部の原発推進の専門家は、1000ミリシーベルトでも人は死なないと言っていましたが、もしかしたら1000ミリシーベルト超えの被曝だったのでしょうか? これは福島で被ばくで死んだ人でもいるから、そんな疑問を持ったんでしょうか。その様な事実でもありましたか?全国の放射能濃度の中で福島県を調べたら事故直後でも年間数十ミリシーベルトが最高だったと思いますが、考え方が全く合理性がありません。 >原発推進の専門家に、なればなる程、2000ミリシーベルトや3000ミリシーベルトの被曝も平気だと自然に語り出すようになってしまうのでしょうか? さあ、原発推進の専門家とやら、どこにいてどんな著作でも出しているんですかね。他人の思考を推測するにはそれなりの発言の積み重ねや、専門家と言うからには、原発関係の組織であることが明らかだとか そういう証拠を出した上で言うべきです >それは金の力ですか? 証拠がありますか? そういう事もなにもないのにただの誹謗中傷が目的の投稿の様に思えます。 ルールでも読み直すことを進めます

6人がナイス!しています

>>カカちゃんさん 2021/12/25 17:01 急性被曝で1シーベルトでは命は失う事はありません ↑ やはり、原発愛が更に加速すると、2000ミリシーベルトや3000ミリシーベルトの被曝も平気だと自然に語り出すようになってしまうのでしょうか? 原子力規制委員会のフォールアウトデータを見れば放射性物質の大放出がかなり収まった後も、セシウムだけで6兆ベクレル/km2以上降り注いでいる。放射性ヨウ素や他の核種を含めたら、数十兆ベクレルなのか、100兆ベクレル超えなのか、厳しい被曝で、吸引被曝だけを見ても厳しいが、それを食べて飲んで吸ってだから、トリプルパンチだよな。

4

「95mSv/年の被曝なら有意な危険性は無い」というのは誤りだと思いますので、 https://www.afpbb.com/articles/-/3180146 https://www.huffingtonpost.jp/nature-publishing-group/radiation_b_8254078.html を見てください。 また、 https://www.kaiseiken.or.jp/study/lib/news99_02.pdf の「図1 東京,千葉の月間降水中トリチウム濃度の変化」と https://www.kyuden.co.jp/td_supply_denjikai-qa_leukemia-increase.html の「図1:小児の全ガン及び白血病による死亡率の推移」を比較すれば、トリチウムはWHOの指標値の10000Bq/L以下でも発癌性がある事を疑ったほうが良い事が分かるのではないでしょうか。 それと、トリチウムがDNAに取り込まれると二本鎖切断が起きやすい理屈は、下の図を見てください。

画像

4人がナイス!しています

4

その専門家っていうのが何を根拠にしているのかわかりませんが、一般の人は我慢比べをしているわけではないので危険なものを体に不必要に取り込みたくないだけです。その専門家が我慢比べをしたいのであれば、人に言うのではなく、ご自身の責任でご自身限定で限界を極めればいいのでは?

4人がナイス!しています

6

年間100~200ミリシーベルトの被曝でガンになるリスクが上昇すると言われています。確率的影響なのでその程度しか言えません。放射線防護の基準はICRPの勧告やIAEAの基準を踏まえて決められており、かなり厳しい値になっています。また、福島の被曝は非常に少なく、小児がんについては被爆との関連は認められないと報告されています。

6人がナイス!しています

被曝から三年目に小児癌も激増状態になり、既に300人だが、それを被曝の影響では無いと言い続けるのも、もう無理なのではありませんか? まだまだ頑張りますか?

画像