旧日本軍について。 徴兵兵が多い陸軍は広報に積極的、志願兵が多い海軍は広報に消極的。 何故?逆じゃないですか?

日本史78閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

割りとおふざけな東郷平八郎が小学生(?)相手に教壇から。 陸軍はすぐに死ぬから海軍の方がいいぞ! と講義して乃木希典を激怒させたという話もありますね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

自分も主計科がいい、かな? 海軍は秘密主義とはいっても、巨艦を国民が目にする機会が多々あり十分に宣伝の役割を果たしていたかと思います。時期にもよりますが海軍は激しいイジメの話もあるし、職業軍人の立場でないと嫌かな、とも思いますが。 事実関係の誤認があったみたいですが、東郷乃木のエピソードは2人の性格をあらわしていて結構好きです。

お礼日時:1/19 21:06

その他の回答(3件)

0

そんだけ徴兵が使えないってことでしょ。 やる気がある志願兵の方が戦力になったから、陸軍は広報に力を入れて、勝手に志願兵が集まる海軍は力は陸軍ほど入れなかったと。

0

陸軍は徴兵制の為に徴兵期間が終わるとそのまま除隊して仕舞うので専門職種の下士官が大量に必要になり志願制の少年飛行兵や少年戦車兵を募集する必要があったので広報に力を入れたのです。海軍では早くから予科練の募集はしていましたからね!

0

WW2以前のことは分からないけど、WW2末期くらいなら、 日本軍は特攻隊とか組んでたし、まあ押されてたから陸軍がどこかで戦えるはずもない。 ところでその情報どこから仕入れてきたんですか? 全く聞いたことないですよね