ID非公開

2022/1/5 23:00

66回答

東北に住む中2男子です。かなり気になっているのですが、福島原発の被害ってまだありますよね?立ち入り禁止区域とか。福島原発が完璧に復旧するのは何年後くらいなんですか?

3人が共感しています

ベストアンサー

4
画像

4人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/7 8:25

あの方たちは原発推進の専門家みたいですね。 詳しい説明をありがとうございます。

その他の回答(5件)

6

あの方たちは原発推進の専門家みたいですね。 とか、とても中2と思えない発言(笑)

6人がナイス!しています

6

×××さんが言う根拠もなくデタラメを言う人はすぐ前の「放射能の暇人さん」の事です 彼が示す根拠にしているらしいブログを見ると福島原発事故の影響はないだろうとちゃんと書かれています 全国で白血病の罹患者が増えていると言っているのです。それは元のデータは「国立がん研究センター がんの統計 '19」と言う情報公開しているのを基に感想を述べているブログで間違った事を言ってるわけではありません 近年になるほど罹患者が増えているのは近年は医師がきちんと国に報告する様になったのと、長寿になると白血病になる人が多く、その長寿の人が増えているから増えてるのでないか、と言う当たり前のほぼ正しい「感想」を述べていて、放射能の暇人さんは「根拠」にしてはいけない事を自分の思いにしているだけでなくブログ主と逆の事をいってます。無責任を通り越して呆れてしまいます それに人口10万人あたりですからね。一年齢150万人としたら横の縦軸の数字の15倍くらいが実数でしょう。そうすると2016人には男女合わせたら1000人近く罹患しているわけですが明らかに全国的な数字です。 知恵袋では全員が「放射能の暇人さん」の様な人ばかりでもないですが、明らかに自分が嘘と分かっていても、嘘を巧妙に言う人もいれば、宗教みたいに信じ切って嘘を言う人もいるのです。 それらを見分けられるように、根拠は正しいか、対立データと比較してどうか、という事と、常に日本の人口とか平均寿命とかそういう知識も身に着けるようにしたらよいと思います

6人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/7 8:21

質問が原発推進の人には困る内容のことは、僕にも理解できますが、他の回答者を罵倒してアラシまくらないで質問に答えてもらえませんか?

6

中2だそうですが、お父さんやお母さんや学校の先生はいないのでしょうか? まずは身近な信用できる人に尋ねる方がよいのではないでしょうかね。 このカテでは善人になりすまして悪意の詰まったヤラセ質問する人や、根拠を示さず被災者が傷つくデタラメを言う人が多く出没しているので注意してくださいね。

6人がナイス!しています

>×××さんが言う根拠もなくデタラメを言う人はすぐ前の「放射能の暇人さん」の事です いや、自分はそんなことは言ってませんよwww とりあえず「放射能の暇人さん」はご自分の主張と 引用するURLの内容がちゃんと関連してますからね。 事実誤認だとしてもそれは議論の対象の範囲ですから認めてます。 なかにはもっと悪質な、自分の主張とは全く関係もないURLで証拠だと言いはる、どこかの民族みたいな人もいるんですよ。 そういう人にそのURLでのどこの部分か説明してくれというと できず「逆ギレ」して質問した人を「口汚くののしる」という お決まりパターンなので どんな口調で投稿してる人かで簡単に判断が出来ると思います。

3

https://ameblo.jp/rotocheck/entry-12623630340.html を見ると2000年と2016年の白血病の発症率を比べると、2016年の方が全年齢で白血病の発症率が高くなっていますが、これは福島第一原発事故で放出された放射性物質のせいだと思いますよ。 尚、福島第一原発の廃炉が完了するまでには、百年ぐらいかかるのではないかと思いますが、 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12254870667 に記した懸念が的中すれば、廃炉が終わる前に福島第一原発は海の中に沈む可能性があるのではないでしょうか。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/7 8:23

厚生省の白血病年次推移を見ると、被曝後の急激な増加に僕も驚きました。

6

ネットにはウソを書き込んでいる人がたくさんいますので気を付けたいですね。 わかりやすい本があるのでおすすめします「いちから聞きたい放射線のほんとう: いま知っておきたい22の話」「福島の甲状腺検査と過剰診断」

6人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/7 8:25

その嘘だらけの本を読んで、悲しくなりました。