ID非公開

2022/1/7 11:25

99回答

仕事やめたいです。事務職の方にお伺いします。

職場の悩み | 転職3,382閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

頼んでおいた仕事を出来なかったら事務員を怒る、っていうのがそもそも間違っていますが、これは他の回答にもあるような営業と事務員の関係性とはまた別の問題かなと思います。 怒る人の性格の問題かな、って。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様からのコメントを見てとても励まされました…。やはり事務はどこでも同じような扱いを受けるんですね。でもそれは信頼されているからだと、言われてみればそうかもしれないなと思う事ができました。鵜飼の鵜だと思って仕事をしていきます。ほんとに皆様ありがとうございました。 現役で事務されている***さんをベストアンサーにさせて頂きました

お礼日時:1/7 19:10

その他の回答(8件)

3

そんなもんです。 事務は縁の下の力持ちですから、それと割り切って仕事をしないと疲れてしまいます。どうしても呑みこめないなら事務業には不向きな性質なのかもしれません。 大体どこでもそうですが、営業さんは常に外(客先)に意識があるので、内(内勤)については疎かになりがちです。これをフォローしたり助けたり、場合によっては引き締めたりするのが事務です。ときどき「こんな事までやってやらにゃーいかんなんて世話の焼ける…」とも思いますけどね。気分は鵜匠です(営業さんは鵜)。

3人がナイス!しています

0

事務員は雑用係みたいところがあります。問い合わせがあって営業は何もしません。(自分の仕事ではない?と思っているから)親切な営業なら、やってくれます。営業の方で話やすい人を一人見つけて色々と聞いたらいいと思います。

0

他の方も仰っているように、会社によって事情はことなりますが、私見では… 一般事務の仕事の範囲内かと。 事務系総合職の仕事は全社を見据えて、ルールや運用を変えて、その問い合わせを減らすことです。 質問者様は一般事務で採用されたのでしょうか? それなら、それがその職種の仕事なので、どうしても合わないならやめたほうが良いと思います。 総合職として採用されたのなら、これからが本番ですね。今は、やっと問題が見えてきたところですから。

0

公的機関の代表をしています。 たしかに効率わるいですね。 営業の人が聞いてくる内容がどんなものかわかりませんが、たとえば経理の方だとしたらそういうことはよくあると思います。 たとえば車で高速を使った場合に道路代は交通費で出ますが、自分の車でETCを使って領収証がないがどうなのか?とか。 これは経費で落ちるのか?というのは経理の判断によるところもあるので、ルールブックだけではない判断も含めて聞いてるのではないでしょうか? そうだとすればそこに回答してあげるのは仕事のうちだし、また、仕事のうえで頼りにされてるということでもあります。 質問者さまに聞けばすぐわかるのに、「いいよ。あの人に聞くよりルールブック見たほうがたしかだから」って言われるより「ルールブックよりあの人に聞く方がまちがいない」と言われたほうがよくないですか?めんどくさいかもしれませんが。 わたしは仕事柄常に六法全書で法律を調べながら仕事をしていますが、重大な部分では、調べて結論をある程度出したうえで、念のため弁護士に「この解釈でいいですよね?」ち確認します。 「そのとおりです」と言われることがほとんどですが、弁護士にしてみれば「これでいいですよね?って、六法全書にそう書いてあるし、それを読んだんでしょ?なんでいちいち聞いてくるの?」っていう話かもしれません。 しかしそれでも確認がしたいのです。 信頼できる人に。 それが質問者さまなのです。

0

事務経験者です。 どこまでやるかはその会社の風習だったり、営業の方次第かな、と思います。 私は過去1人で5人の面倒を見ていましたが、とある営業に至っては営業管轄の仕事(見積計算)まで私にやらせる奴がいました。 私が役職に就いてからは「私はあんたの秘書やるために入社したんじゃない、そのくらい自分でやってくれ」と断りましたね。 今は営業に転身して別の会社にいます。営業7人に対して事務が5人いますが、やはり営業によって仕事を任せる範囲は全然違いますね。事務任せにする営業のオッサンを担当している事務員は、かなり大変そうです。 私は事務経験があるので、自分でできることは自分でこなします。 ただどこの会社に行ってもそんな奴は居ますから、環境が劇的に変わるかというと、それは運次第かもしれません。 上の方には相談できないのでしょうか? 他の職種を考えていないなら、貴女が業務改善できる立場になるまで耐えて、それから分業の仕組みや制度を変えていくのが良いと思います。