ID非公開

2022/1/11 0:04

44回答

卓球ラケットの2本目購入について。 社会人の県規模のオープン戦とかに出て、 ベスト32とかに入る趣味勢です。 今はコルベルにGTT 45を両面に貼ってる前陣攻撃なのですが、

卓球261閲覧

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/1/11 0:18

オルエボだと弾まなさすぎる心配、無いですか?重い個体を選別出来るほどのショップとかも無いので、通販でそんなところあれば良いですが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

オルエボ万歳

お礼日時:1/17 7:14

その他の回答(3件)

0

これは、あくまで、遊びでやる卓球だからこその、 考えかたのひとつだとおもってくださいね。 わたしのいるクラブ会員さんのひとりに、 60歳で定年退職し、趣味で卓球にハマった方がいます。 戦型は、ドライブがつよそうだからという理由でドライブマンです。 メキメキと腕あげました。腕をあげるとたのしいものです。 すると、その方は発想をとばし、 これまで高くて買えなかった高価格ラケットや、 高価格ラバーを検討しはじめました。 死ぬまでにためしてみたいという理由のようです(笑) と、いってもメルカリで安く買うそうですが。 そこで、わたしはものはためしに、 アンチラバーやツブ高のラケットを使わせました。 すると、その方はとてもびっくりしてました。 おそくて、ゆれながら、おちる球の存在です。 卓球は、球が速くて、 上回転がすごければつよいとおもってたらしいのです。 わたしがお伝えしたかったのは、意外性というものです。 せっかく買うのだったら、あなたの頭の中にある、 まったく正反対のものも視野にいれたなら、 おおげさですが、ちょっと人生観もかわるような気がするのです。 もしかしたら、その正反対のものがじぶんにあっていたのでは、 という可能性もあるからです。 たとえば、 ネクタイも、じぶんで選ぶと、いいとおもってたものが、 ひとがえらぶと、意外なデザインにおどろきます。 けれど、それがそのひとにピッタリ似合うのです。 ちょっと人生観がかわる、というのは、 これまでじぶんになかった、 そんな発想の転換ができたという驚きなのです。

ID非公開

質問者2022/1/16 8:17

ほええ、じゃあカットマンラケットも然りですかなw

0

コルベルと似たようなのが良ければオルエボ、もっと弾ませたいなら重たいけどクリッパーウッドですかねぇ。ミート多用ならローズウッドよりは板厚の厚いクリッパーウッドの方が安定と思うのでおすすめです。 ちなみにですが、ローズウッドは接着剤にカーボンナノチューブを利用しており、純粋な合板ラケットではないのでご注意を(STIGA製品でNCTと記載のあるラケットは全部そうです)。

ID非公開

質問者2022/1/12 0:10

わかりやすくてありがとうございます。たぶんオルエボ、若しくは変わり種でクリッパーウッドですな。

0

個体差によります。 どんなコルベルを使っているかわかりませんが、やわらかくてとばないコルベルより、もっと雄々しいオルエボはありますし 、探し方次第でどーにでもなります。 ロースウッドもそんなに硬くないやつはあるし、硬いやつもあります。 ちなみに、コルベルは10本以上、挙がっているラケットはそれぞれ7本以上持っていました笑

ID非公開

質問者2022/1/12 0:08

個体差でそんな変わるんですね。 国際卓球さん?とかに比較的弾んで重めのオルエボを、お願い⭐︎とか、頼めば相当な個体を探してくれる方向で色々話を出来るんですかね。