家にゴキブリが出て駆除したのですが、なぜ人間はここまでゴキブリに対して嫌悪感を抱くのでしょうか? 蚊なら近くにいても邪魔ではあるけどそこまで嫌ってわけでもないですし不思議です。

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

子供の頃からの刷り込みです。 特にトラウマとなるような事でも起きない限り、親が虫を怖がらなければ子供もそのように育ちます。 子供がある程度大きくなってからは友達などの影響も受けると思いますけど。

0

僕はゴキブリが好きです。 何故かと言うと他の生き物よりもしぶとく長く生きられるし餌は人間が食べている物は何でも食べるしお水やお茶はたまたジュースを飲みます。とても愛着がつき可愛いですよ^o^更に言えば自分のメインでペットとして飼っているヤモリの餌にもなるのでゴキブリがこの日本にいてくれて良かったとっ僕は思います。

0

一番は「建物内で大量に繁殖」してしまうと云う事だと思います。 ゴキブリの建物内での繁殖はハンパでは有りませんし、蚊は住宅内で繁殖する事も少ないし侵入しても精々10匹を確認出来るか否かでしょ? ゴキブリはそんな数では有りませんよ。 https://www.earth.jp/gaichu/wisdom/gokiburi/article_002.html

0

「人間は」というより「日本人は」ということになりますが、世界で最も虫を嫌う国民で、仰るように大半の人は「ゴキブリ嫌い」です。それはある意味では現代の日本の文化ということもできます (※海外にも同じ傾向の国はありますが、特に日本は・・ということです)。 やはり幼少期に親など周囲の大人が大騒ぎしてゴキブリをやっつけるのを見て、あれはヤバイもの・コワイもの・出たら一大事、という潜在的意識を植え付けられる点が挙げられます。 また、昆虫としては大きいし俊敏に走るのでビックリする点、室内では靴を脱ぐほど清潔を大切にする日本の住宅で、その家の中に平然と出てくることが許せない・腹立たしい・恥ずべき事と感じたり、中世ヨーロッパではゴキブリの媒介する伝染病で人が大量に死んだ・法律的にも衛生害虫 (人の健康を害するリスクがある虫) に定義されている、などが嫌われる理由と思われます。 余談ですがゴキブリを食用にしている国もあり、女の子が平気で捕まえて家に持ち帰り、母親に褒められています。日本でも遠い昔の江戸時代は、忙しい食べ物屋や金持ちの蔵などに出るので縁起の良い虫と考えられていたようです。