「御愁傷様です。」という言葉は 相手をバカにするときに使われることが 多いように思いますが、 実際に葬儀等で使っても 問題ない言葉でしょうか?

葬儀 | 日本語1,205閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/13 3:04

その他の回答(2件)

0

本来は、下記1の意味用法です。 あなたのご質問のような使い方は一種のギャグですが、無闇に使うものではありませんよ。 ※デジタル大辞泉 ごしゅうしょう‐さま〔ゴシウシヤウ‐〕【御愁傷様】 [形動] 1 相手を気の毒に思うさま。身内を失った人に対するお悔やみの語。 「このたびは―でございます」 2 1をもじって、気の毒に思う気持ちを、軽いからかいの意を含めていう語。「休日にも出勤とは―」

2

葬儀でご遺族に対して使う言葉です。 若者がふざけて使う事が多いのでそう思うのでしょうが、決して良いことではないと思います。

2人がナイス!しています

ありがとうございます。 「若者がふざけて使う事が多いので、 実際に葬儀等で使うことは決して良いことではない」 という意味でしょうか? それとも、 「若者がふざけて使う事が決して良いことではない」 という意味でしょうか?