前近代の医学は

世界史 | 一般教養57閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

「溺れる者は藁も掴む」という事 狭い社会の中でたとえ自称とは言え、 医学に詳しいと言う者がいたら 頼らざるを得ないし、 それで結果が出なかったとしても 手遅れだったと言われれば、 それが嘘だと断定出来る人間も居ないから。 ちなみに江戸時代の医師は、 試験も免許も何もなく、 自分で医師と名乗るだけだったそうな。

0

効果がほとんどなかったわけではなく、漢方などの生薬やお灸、鍼治療などのなかには、それなりに効いたものもあると思います。そのため、現代の医学では効果が認め難いような療法であっても、プラシーボ効果で良くなる場合もあったでしょう。