自転車対自動車の事故の過失割合について

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございます やはり青信号で進行した自動車よりも信号無視で進入した自転車の方が過失は大きくなるのですね…_φ(・_・

お礼日時:1/20 20:22

その他の回答(3件)

0

よく話題になるのは10対0になるかどうかで 信頼の原則と交差点での徐行義務の勘違いで議論が起こるのだが 損害賠償請求の場面では10対0はほぼありえない それは別として当然自転車の方が過失割合が大きくなるが 車両だからとかそういうのは関係ない、これは歩行者でも同じ 自転車の車両扱いで交差点の事故で議論になるのは 交差点は歩行者優先なのに自転車が走ってるのだから想定外で 信頼の原則が適応され自転車が悪くなるという議論だが これもあり得ない 歩行者と自転車の事故でなく自転車と自動車の事故だからね 優先権は自転車にある訳で自動車は徐行の義務が生じる

1
ID非公開

2022/1/12 22:08

信号機のある交差点で、赤信号で直進した自転車と青信号で直進した四輪車が衝突した事故の基本過失割合は、自転車が80%、四輪車が20%の80:20です。 https://www.mitsui-direct.co.jp/car/guide/accidents/negligence/c2bc/02.html

1人がナイス!しています