ID非公開

2022/1/13 10:02

66回答

パソコンなどと違い、できることが限られているカメラの話でUIについて優劣を語りたがる人はなぜなのでしょう?

補足

回答のコメントで具体的なメーカーが出ているものがありますが、どこかのメーカーが優れている劣っている話をしたいのではありませんので、ご理解ください。 ユーザー、オーナー自身の工夫で良くできる可能性が十分あるのにも関わらず、初期のUIだけで判断される方の真意を知りたいと思い質問させていただいてます。 その他の理由で使っている使わないという議論も今回は遠慮させてください。

1人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/13 11:01

具体的なメーカーを出さずに済めばと思っていましたが、UIが酷評されているSONYであれば、仰るような操作は全てメニューを開かないで可能なんです。 それどころかEVFから目を離さなくて可能です。 その最適化をしない、できない方々がUI云々と文句を言っているように感じています。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんから大変参考になる回答をいただけましたが、一番多くの熱い回答をいただけた方をベストアンサーとさせていただきました。 ありがとうございました。

お礼日時:1/18 22:16

その他の回答(5件)

3

自分は皆さんとは違う考えを持っていて、今iPhoneがアプリが使えて自由自在にカスタマイズ出来るからカメラにも組み込んで欲しいと考えてます。つまりカメラにOSを積んでアプリで管理出来ればかなり使い勝手が良くなると思います。スマホが出来る前はタッチパネルと言えばボタン操作が画面で出来るレベルのが多くそういうものだと勘違いしてました。今カメラ全然売れないのはスマホがあまりにも賢いからです。スマホに慣れた人からしたら使いにくいだろうね。iOSを積んだカメラが欲しいかな。確かに慣れたらそうでも無いけど、慣れるのに時間とパワー使うからね。出来ることが限られるカメラというのはイメージです。昔はスマホで出来ることは限られると思われてましたが、今はスマホの方がパソコンより使える印象です。アプリが充実してる。パソコンは画面が大きいこと位がメリットかな。それもタブレットが出てきてからはタブレットの方が優位性がある。スマホであれだけ出来るんだからカメラも写真に特化した液晶が作れると思います。同じ写真もiPhoneで見た方が綺麗だし、セレクトや編集も楽ちんです。ボタンでカチカチする必要ないしね。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/13 16:08

ありがとうございます。

1

撮影の基礎をまったく勉強しないからでしょ。 カメラの性能が上がったからということを理由にして、基礎をまったく勉強しない人が多くなった。 自分の感性に合わせた濃淡の画像を得ようとしたら、そのカメラの露出特性を覚える必要があり、使用前に何度もテストをするものですが、最近の人はそれすらしませんよね。 私は例えコンデジでも、シャドーのディテールを重視するかハイライトのほうのディテールを重視するかで、露出を決めますけどね。 そのあたりを全く理解できていない人、多過ぎです。 そしてあくまでも基本は、マニュアル撮影だということすら分かっていないようですね、多くの人が。 何かを設定すれば、あとはシャッターだけ切ればきれいに映る魔法の箱だとでも思っているんでしょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/13 16:09

回答ありがとうございます。

4

ルネ・デカルトの「省察」然としてますね 「当方の自説はこうです。これに対する論駁・反駁がある場合は、それを書い て欲しい」と. 学生時代に、図書館で読んだねぇ. 今ならもっと手軽に、文庫本や電子書籍で買えるけど.

4人がナイス!しています

失礼、回答を忘れたw カメラが、何でも自動的にやってくれて、しかもそこそこ良い結果 を出してくれるようになったからですよ. 結果、自分で考えて工夫する事を面倒とみなして、何もしなくなっ てしまった訳で. ここの質問を眺めていると、そもそもどのように工夫したらよいか がわからないという、人間的な資質の問いたくなるような質問が多 いですし.

3

私はよく使う項目はマイメニューやボタンのカスタムはしています。 ですが、カスタムする・しないに係わらず、使いづらい箇所があるという事実に変りはありません。 道具を設計・開発するうえで使いやすさを軽視するメーカーや社員は信用できません。

3人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/13 11:08

その考えには全面的に賛同です。 しかし、道具であればある程度、自分に合うように使い倒す、慣れるように訓練する努力もないといけないとも思うのです。 メニューが見づらいから機種変更。 ではなく、慣れるまで使ってみるという考えにならないような人が拘りのある撮影ができるのでしょうか? 世の中は、一人一人にとっての最高の答えを用意できるわけではありません。 与えられた状況の中、自分を変えたり工夫できないような人は何をやっても中途半端にしかできないと思ってしまいます。

2

残念ながらカスタマイズしたくてもできないカメラがありますね。 メーカーによっては一眼レフでもミラーレスでもオートで撮る(撮らせる)ことを前提に作っているカメラがあります。そういうカメラにはカスタマイズできる機能数が限られていたり、カスタマイズ自体ができないものもあります。 同じボタンやダイヤルを何度も触らないと欲しい機能に行き着けないカメラです。登録が4つしかできないカメラで5個以上のパラメーターを弄るならカスタマイズできません、メニューがみにくければそれをUIが使いづらいと言います。実際に使いにくいので「使いにくい」というのはその人の自由です。 高級機にはできても、中級以下のカメラではできないこともあります。 たとえばこのカメラ ほぼカスタマイズできません。

画像

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/13 11:04

確かに、そのようなカメラもありますよね。 ただ、最近言われる方は全てミラーレスでの話ばかりです。 一眼レフのように長年のノウハウが結集し操作性が完成しているものならカスタマイズする必要もほぼないですが、サイズ感や使い方が多様化している上でカスタマイズもせずにメーカーのUIのせいにする向上心のなさに疑問しかない状態です。 個人的にはユーザーインターフェースではなく、オーナーインターフェースにならなくてはならないと思っています。