回答受付が終了しました

中古車の放射線量の測り方詳しくを教えてください! よろしくお願いします。

原子力災害 | 自動車46閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

回答(4件)

1

弱い放射線しかでていないでしょうから、一般の人が測れるものではありません。 ネットにはまちがった測り方を書き込んでいる人がたくさんいますが、意味のない数値しか出ませんので、その通りにしても何もわかりません。

1人がナイス!しています

3

素人ならGM(ガイガー・ミュラー)菅を用いたサーベイメータが使い易いと思います。 金属やガラス部分は洗ったら簡単に落ちるから、測定してもまず検出できない。(まず出ない所を測定しても面白くない) 自動車で使われている素材なら、ゴム製品は放射性物質を吸着し除染し難い(殆どできない)のでドアの部分とかを測定すると良いと思います。 簡単に交換できる部分は交換しているかもしれないから、交換が面倒な場所で使われているゴム等を測ると面白いと思います。 ただ、放射性の汚染で怖いのは遊離性の汚染(洗えば落ちる汚染)で、それが手等に付き、口に入ったりするのが危険。 ゴム製品等に付いて取れない汚染(固着性汚染)は少々汚染してても問題はない。 走行直後のエアフィルターは、地面等から出てきたラドン・トロン(天然核種)を集めているので、かなりの放射性物質が検出されてもそれで正常。 1晩放置して測定し、それでも検出されたら異常と判断できる。 溶接棒は天然の放射性物質が含まれているから、溶接部分が少し高く検出される可能性がある。 蛇足 最近の蛍光灯は、スイッチを入れたら直ぐに点灯するように放射性物質を封入しているので、蛍光灯を測定すると少し検出される。 キャンプ等に使うランタンのマントルは、トリウム(天然核種)が含ませている製品が多く、かなりの高い濃度で検出される。 測定器の性能検査(作動確認)に使えて便利。 被ばくを気にしているのであれば、放射性物質で汚染された車両よりも、国際線の飛行機を乗った時の被ばくの方がよっぽど被ばくする。 精密な放射線を測定する装置(Geガンマ線測定装置等)であれば、人間の汗に含まれる放射性物質(天然核種)も汚染の原因(測定を妨害するもの)となるので、そういう装置は素手で触ったりしちゃダメ(人間も結構放射性物質(天然)を持っているからね。

3人がナイス!しています

1

車外の測定は、こんな感じです。 ↓↓↓↓↓↓↓↓ https://planetcars.jp/index.php/ja/export-inspection/radioactivity-inspection ↑↑↑↑↑↑↑↑ タイヤハウス、ワイパー付近を測定して0.3マイクロシーベルトを超えるものは輸出も出来ません。 車内の放射能汚染測定は、座席、床、天井、空調の吸込口、吹出口、等々を測定します。 バックグラウンドより高い値が出ていたら、放射性セシウムやプルトニウム等々のホットパーティクルによる汚染が考えられます。 その場合は、いくら原発推進の書き込みバイトがそれぐらい安全だ!と怒り出しても除染が吉です。 ホットパーティクルがそのクルマに乗るたびに車内に舞い上がり、呼吸により肺に沈着してしまえば更に被曝量も増えてしまいます。 その粒径により排泄も難しく、肺に沈着して一生ピンポイント内部被曝。 お気をつけください。

1人がナイス!しています

2

ガイガーカウンタを手に入れてあらゆる箇所を調べるのみ。

2人がナイス!しています