着物にまつわる噺はありませんか? 落語には、食べ物やお酒、スイーツなどのグルメ系の噺は数えきれないほどあります。 ですが着物、衣類にまつわる噺って、存外少ない気がするのです。

落語、寄席 | 着物、和服170閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま、数多くの回答ありがとうございます。 着道楽はひろく共感を得にくい題材だったのかもしれませんね。 桂枝曾丸(かつら しそまる)師の和歌山弁落語に『着物はれもの』という創作があったのを思い出しました。高価な着物を買わせようとする業者と眼福だけにおさめたい和歌山のおばちゃんたちが、呉服会で鍔迫り合い…という内容。 新作に広げたら、もう少しあったのかも…。 お世話になりました。

お礼日時:1/22 21:17

その他の回答(5件)

1

短い噺ですが 「湯文字誉め」 「反故染め」 小物としては 「蛇含草」甚平 「遊山船」碇の模様の浴衣 「腰巻しらべ(腰布)」腰巻 「蛙茶番」緋縮緬の褌

1人がナイス!しています

1

「江島屋騒動」圓朝ものだったと思います。 中古の花嫁衣装を着て嫁いだ娘が満座の中で恥をかかされて云々……といった噺で、さん喬さんか誰かで聞いた覚えがあります。 調べて見ると「絵島屋怪談」とも言うようですね。

1人がナイス!しています

1

着物そのものが主題では有りませんが文七元結では長兵衛の博打三昧ぶりを着物によって表しています。

1人がナイス!しています