トンガで大規模な火山噴火が有ったのですが、思い出すのがフィリピンのピナツボ火山の大噴火で2年後冷夏になり米の大凶作です。

補足

皆様ご回答ありがとうございます。 まだちょっと判断するには時間が必要なんでしょうね。 朝に津波のニュースで目覚めにビックリしました。 昨日時点で影響はほぼ無い様な発表だったので。 ただ津波と言うより気圧の関係とかの話しもあってかなり珍しい事例なのでしょうか? また津波は地震で起こるものと固定観念が有りました。 噴火でも起こる可能性があるんですね。

気象、天気 | 地学1,494閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

6

6人がナイス!しています

噴煙は20kmまで噴き上げられたとも言われています。 ピナツゥボ火山に近い規模とされています。 津波ですが気圧の関係とかの話しもあって地震でなく噴火で起こったようですのでかなり珍しい事例で日本では海外の火山噴火で津波が観測されたことはないと思います。 噴火でも山体崩壊で津波は起きますが噴火だけでこのような大きい海面変動が起こっていますのでこのような可能性があるのは初めての経験ですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

有難うございました。 追加で補足して頂き参考になりました。

お礼日時:1/18 18:04

その他の回答(2件)

5

1991年のピナツゥボ火山の時は噴煙の総噴出量は3.4〜4.4K㎥に及びました。高さの中心部は35kmで縁辺部でも24kmに達しています。 今のところ今回の噴火は詳しいデータはありませんが、高さは15kmに及んだと報道されております。 ピナツゥボ火山は北半球でしたが、今回は南半球でおきましたので日本への影響は必ずしも同じとは限りませんし、規模的にはピナツゥボ火山より規模は大きいかはまだわかりません。噴煙の高さから言えば今のところ今回の方が低いのかもしれないので、成層圏への影響がピナツゥボと同程度あるかは疑問です。 今後発表される噴煙の総噴出量や高さをピナツゥボと比較されるといいかもしれません。 ピナツゥボは20世紀最大の噴火とされておりますが、今回の噴火は大規模であることは間違いなさそうですが、気象への影響がピナツゥボほどあるかどうか判断するのは時期尚早かもしれません。

5人がナイス!しています

2

起こる可能性はあります。 ただ国は混乱を防ぐ為に隠すかもしれませんね

2人がナイス!しています