『ペンの持ち方が正しくて字が汚い人』と

補足

「普通は」とかではなく、自分ならどちらの方が好印象か?という視点でのご意見が欲しいなあと思います…説明不足でした。 まだ中学2年生だからなのかもしれませんが、友人内に全パターン(持ち方も正しくて字が綺麗・持ち方は違うけど字が綺麗・持ち方は正しくて字が汚い・持ち方が正しくて字が汚い)がいるので、単純な興味です。 よろしくお願いします。

文房具 | マナー163閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

気にしない。一番重要なのは『読める字で早く書くことができる人』。字かくのおそいのみると、この人何するのも遅いんだろうなって思ってしまう

0

「ペンの持ち方が正しくて字が汚い人」は練習すれば「ペンの持ち方が正しくて字が綺麗な人」になりやすいので、そちらの方がいいと思います。 ペンの持ち方が正しい方がペン先の可動域が広くて腕などの疲れが少ないことが多いです。ペンの持ち方が正しくないと余計な力がかかって手や腕が疲れやすい傾向があります。将来、長時間書きながらお勉強する必要も出てくるでしょう。その場合、疲れにくい持ち方の方が有利です。 ペンの持ち方が悪いと筆記具を壊したりすることもあります(実体験)。 私はペンをかなり寝かせて持つ癖があったので、頻繁にボールペンのインクが出なくなったり壊したりしました。大人になってからかなり苦労して矯正しました。 ペンの持ち方が正しい方が色々お得ですよ。 疲れにくいし、筆記具も正しい持ち方の人が使いやすいように作られていますから「何を使っても合わない」みたいな悩みとは無縁です。 正しい持ち方に矯正するのがおすすめです。

1

どちらが良いかとかじゃなく ふつうは『持ち方が正しくて字がきれい』と『持ち方が間違っていて字が汚い』だと思うけど。 あなたが言うようなのは見たことないですよ。

1人がナイス!しています

どっちがいいっていうか『持ち方が正しくて字がきれい』が好印象。 『持ち方が間違っていて字が汚い』人間はそれを指摘しても直す気はないし、仕事が雑。(そういうやつを何人も見てる)

0

どちらが良いというよりも,『ペンの持ち方が正しくて字が汚い人』はあまりいないんですよね。字が綺麗な大部分の人がペンの持ち方が正しい人です。 逆に字が汚い人はほどんど「持ち方が間違っている」人です。