原価計算での質問です。 よそのひじきの問題は公式をしっかり覚えたほうがいいですよね。

簿記 | 資格103閲覧

ベストアンサー

0

できる時と、できない時があります。だいたいこの数字を使うんだったなって、曖昧な記憶力を頼りに導くことはできます。が、完全に理解しているわけではないのでできないに等しいですが…。 予算差異求めたいのに、能率差異の金額だった!!とか そんなことが多々あります。 たまにまぐれで当たるときもありますが、そんなのできたうちに入らないので。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様、ご回答ありがとうございました(._.)

お礼日時:1/18 18:46

その他の回答(3件)

0

シュラッター図がなかなか自分ひとりで書くことが出来ない人の方が多い中で[よそのひじき]を知ってるってことはそのシュラッター図が書けるってこと。 あとはトレーニング(問題練習)しかないかと。 標準原価計算の問題練習を重ねていくことは何回もシユラッター図を書くことであり意味がわかって来るとも思うが。

0

こんばんわ。公式が覚えられたらそれが一番いいでしょう。でもシュラッター図が書ければ、十分対応できるのでは?私は、公式よりシュラッター図を書けるように教えていました。

0

正確に言えば「よのそひじき」ですね 上から予算差異、変動費率能率差異、固定費率能率差異、操業度差異 左から標準、実際、基準です 製造間接費差異の問題(シュラッター図含む)は単体で出やすい問題なので あえてスルーしても結構ですが、出題された時に確実に20点失いますし 問3で連結が出た場合、2級レベルで満点を取れる受験者はまず居ませんので 良くて10点、つまりこの時点で30点失いますが、本当に合格できますか この単元は数字云々ではないので、解けないのは理解できていないだけです 有利差異不利差異もしっかり理解すれば間違えようがありません 「有利差異は、えーっと」なんて考えてる時点でダメです 仕訳と同じで反射的に書けるレベルにまで落とし込みましょう

全商簿記検定の一級の過去問を2回解いたのですが、そこはできてないにしろ、77点、88点と、どちらも合格点に達していました。 検定まであと一週間、少しそこを詰めてみようと思います。ありがとうございました(._.)