ID非公開

2022/1/16 23:34

77回答

どうやったら小説書くの上手くなりますか?

小説102閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

他の人に見てもらうということは、最終段階にして見直しのためになるとも思います。 感想を送る人の感性は様々で、好意的な感想もあれば否定的な感想もあります。 それ自体は仕方ないことではありますが、良くも悪くもある感想も見方を変えれば学べることは多いんですよ。 基本的に、感想の多くは「設定」の良し悪しを出してきます。 「このキャラが可愛い」とか「このシチュは良くない……」のような感じです。 しかし、本当に重要なのは「設定」をしっかり見てもらうための、「文章作りの基礎」なんです。 もし読みづらい書き方をしてしまえば、読者からは流れが見づらいと感じてしまい、どれだけ「設定」が面白くても、その良さを感じる前に引いてしまうことでしょう。

その他の回答(6件)

1

小説をたくさん読むことが大事なのですが、闇雲に読んだところで書く力は身につきません。小説の内容なり文章を丁寧に分析しながら読む必要があります。 ですので、小説の書き方の本を数冊、本やストーリー批評(映画のストーリー批評も参考になります)を沢山読むと、ストーリーの構成や矛盾、文章の効果などに気がつくようになりますから、それ以降の読書は非常に勉強になっていくと思います。

1人がナイス!しています

0

かのS・キング氏が、小説家志望の学生たちに言ってました。「とにかく読みなさい。たくさん読むことだ」。 アメリカでも、読まずに書こうとする人が多いみたいです。

0

自分は『とにかく書く』が一番効果的だと思ってます。 よく『いっぱい読め!!』なんて言いますが、個人的には全然効果的じゃないって思ってます。人それぞれ違う書き方と表現法があるんです。沢山読んだところでどの表現真似ればいいんだ…と混乱するだけです。 『読んでもらう』のもオススメしません。これを言ったら泥沼ですが、感じ方なんて人それぞれなんです、1人は「凄く面白い!」なんて言ってももう1人は「全然面白くない…」ってなって終わりです。また混乱のループです、地獄です。 『辞書を読む』に関しては、本格的に小説家目指してる人だけですね。自分は読んでもたぶん分からんだろうなぁと思ってるので読んだことないです。 やっぱり書きまくるだけですね。書いてれば勝手に「ここ単調じゃない?」とか「この書き方ダサくない?」とか思ってくるものです。 書くだけです、書いて自分の書き方を理想に近づけて行くのが一番効果的です。あくまで自分のやり方なので、そう重く受け止めないでね。

1

「自分が好きな小説(文章)を(ノートに鉛筆で)丸写し」という方法がある……と、以前何かで読んだことが。 自分もやったことがあります。泉鏡花の「夜叉ヶ池」「春昼・春昼後刻」とか(ごく短い短編なので出来ました……) 「レベルが一気に10あがった!」とかいう実感はないですが、何となく文章力が上がるような気もします!

1人がナイス!しています

2

どうやったら……なんて、わかるものなんですかね。 書いたり読んだりに限らず、そこに至るまでに積み重ねてきたあらゆるものがその人の個性になるんだから。

2人がナイス!しています