新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

エルメス、そこまでの魅力?どこが良いのか今いちわかりません。確かに上質だと思いますが、デザインとか…ボリード、ピコタン、ほか、スカーフの柄などあんまりにも、ダサすぎませんか?

レディースバッグ、財布、小物類 | レディース全般1,380閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

2人が共感しています

ベストアンサー

7

7人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様回答ありがとうございました。 いろいろ考えた結果、動物の革を使うブランドの製品を今後は一切買わないことにしようと思い至りました。 牛革も、食用の副産物とはいえ、生きたまま皮を剥がれている。クロコ、リザードはファッションのためだけに、皮を剥ぐためだけに…されています。 徐々に時代に合わなくなりつつあるように思います

お礼日時:2/11 23:21

その他の回答(7件)

1

今を生きる骨董品だからです。 エルメスは世界で初めてバッグにジッパーを着けたブランドですが、ご存知でしょうか。 基本的に現代のバッグの原型は大半がティエリー・エルメスが作ったと言っても過言ではありません。歴史的偉業の持ち主なんです。 ピカソ、ダヴィンチ、ゴッホ、そしてその次は誰なのかと言われたらファッション業界ではエルメスである可能性が高いと言われる骨董品。みんなそのポストを狙ってパリコレに出て王の座を狙う。 例えば、ピカソのヘンテコな絵を見て興味がない人も、ピカソが小学生時代には写真と見分けがつかないレベルの絵を描いていたと聞けば今の絵にも興味が湧く人も多いです。 彼らがどこから来てどこに行くのか、そこに興味が湧けば何百万円の価値が少しは理解できるかもしれません。まあ、趣味の世界なので無理に理解する必要もないと思いますが、否定もしなくていいでしょう。

1人がナイス!しています

0

もうすっかりおばちゃんの年代です。10代の頃全く価値観が分からず好んで買う人の心も知れず。ですが20代後半の頃から物を何でもポンポン入れられるバーキンに憧れやっとおばちゃんの年齢で購入!と思いきや店頭に並んでおらずお金を持っていても手に入らない夢のバッグでしたが実際使ってみるとこんなに使い勝手の良い物は無い。素材や色で楽しめだからバーキンを持ってる人はまた別のバーキンを持つんだなと。 他のブランドも良いとは思いますが廃盤が多いものもあり、その点定番品やシンプルで飽きがこないのがエルメス。 スカーフに至ってもそれぞれのデザインはある意味美術品に近しい芸術だと思いますよ。勿論他のブランドもそうだと思います。 スカーフに限らずブランド力もあるかと思いますが他のブランドも同様デザイナーによる芸術品。その価値を分かって買うのかという見方もあると思います。 かと言って他のブランドも持ってない訳ではありません。やはりエルメスのバッグ類は素材もそうですが使い勝手が良くアフターケアもしっかりしています。 アフターケアに関して他のブランドもしっかりしているブランドもあると思います。 反面ステイタスで持たれる方人それぞれ様々だと思います。群を抜いて資産価値もあり長く愛用でき継承出来るのもエルメスかなと思います。後はやはり人それぞれの好みもあると思います。

5

二分されてるのではないかな?と思います。 一つは、昔からずっと それこそ、祖母や母親の代から商品を使われていて 革の質感や、スカーフのプリントに 心底魅了されていて、愛情持って長く使っている方々。 あるいは、何かのタイミングでエルメス商品を「直接」知り、何か一つの品物から、虜になった方々。 そしてもう一つは エルメスを使っている自分に ステータスを感じたい方々。 エルメスを持っていると自分の格が上がると 思っていたり 周りの人が持っているのを見て、なんとなく自分も持っていないと気が済まない方々。 どちらも多く存在しているように思います。

5人がナイス!しています

1

エルメス販売員から、エルメスは以前から人気はあったが、若い世代に影響始めたのはSNSの普及が1番だとお聞きしました。芸能人、インフルエンサー、ブロガー等がバッグを持つだけではなく、靴やサンダル、プレタ、シルバーアクセサリーをする事が今は宣伝になっているそうです。エルメスから美容系が発売された事で、更に若い世代のお客様が増えています。CORONA前と現在を比較すると5倍以上の来客数になったそうです。 人気度はバーキン・ケリー等の鞄や財布等の革製品、2番はカシミヤシルクスカーフ、シルバーアクセサリー、最近は30代の方々にプレタが人気だそうです。 春夏のスカーフ予約は、既に雑誌やSNSに掲載された商品が全国から予約が入っているとお聞きしました。 無知で、インスタグラムやネット情報を全く知らなかったので私は初耳でした。

1人がナイス!しています

2

私も若いときは全く魅力を感じませんでした。母のものを持っても似合いませんでしたし。借り物を持っているようで格好悪いと思っていました。 20代から40代はロエベやボッテガ、デルヴォーなどのバッグを愛用していました。 40代半ばになって、外商からボックスカーフのケリーの話を頂き、母に買ってもらった形ですが、実際持つとやっぱり素敵だなと思います。 ただ、私はエルメスがそれほど好きではないので、カラーとレザーを厳選してバッグも3つだけです。 個人的には、シルクのものやニットはいいと思います。でも、エルメス以外でも素敵だと思うものが多く、エルメスで毎年何百万単位で買うほどではありません。 エルメスは誰でも持てますが、似合うのは難しいブランドだと思います。 私は自分がエルメスを持ってもいい、似合う年齢になったと思うまで持ちませんでした。

2人がナイス!しています