法人の経理をしています。 従業員は身内のみです 家族の長期借入金が4000万近くあり 3月決算でそろそろ長期借入金の返金をしないといけないんですが

補足

会社に貸してる借入金です

会計、経理、財務 | 税金168閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

驚きました。税金の事が何も判らないのに能く法人の経理が出来ましたねぇ。 借入金の返済は決算とは関係有りません。

1人がナイス!しています

0

借入金が減ることが銀行の評価を高めるかのような回答がありますが、早計です。 役員(身内)からの借入金は実質的には資本と同等に見做すことが可能です。 つまり純粋な他人資本ではないという事です。 借入金だけが減るなら悪いことではありませんが、同額の預金が減る訳です。 これは捉え方によっては「身内からの資金調達(支援)がなくなった」と言える訳です。 単純には喜ばしいことではありません。 この様な事情から、税金に無関係なのは勿論、いつ返済しようが特段に悩む必要もなく、貸主側の要望次第と考えて構わないと私は思います。

0

銀行と付き合いがあるなら、銀行に決算書なりを提出させられますよね? 借入金が多すぎる、返済が無いと会社の財務の印象が悪くなりますので、融資等に影響が出ますので、決算前になるべく少しでも減らした方が良いという事はあるでしょう。 しかし銀行から借りていない、これから借りないなら、決算後に税金を納めた残りの返せる範囲で返済すればいいと思いますよ。 返済しているという事実を決算書に載せる必要があるか、無いかだと思います。

1

何をそんなに困っているのか、もう少し教えて欲しいです。 お金の貸し借り、およびその返済は、一切損益に関係しません。借金返済したからと言って会社の損失にはなりません。(利息として払うなら、それは経費になりますが・・・) なので、決算前であろうと翌期であろうと、どちらでも。会社にお金のある時に返済すればいいです。 家族から「早く返せ」と迫られているのにお金がない、というので困っているということなら、もう少し待ってもらうか、分割で返す相談するしかないですね。

1人がナイス!しています

0

会社にお金があるなら、決算前が良いです。 決算書から余計な借入金が消えます。