ゆうちょ銀行などで硬貨の取扱に手数料必要となるそうですが、この様なことは外国でも行われていることなのでしょうか?それとも、日本だけですか?

貯金107閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

端的なご回答ありがとうございます。 また、他の皆様のご回答も参考になりました。 海外の先進国では、もはや、日本ほど現金が流通していない。 また、硬貨の取り扱い自体にペイしないランニングコストがかかっていると言うことですね。 皆様のご回答ありがとうございました。

お礼日時:1/21 21:23

その他の回答(3件)

0

<硬貨を数える機械の故障に経費が掛かる 故障ではなく硬貨扱い自体にランニングコストがかかると思います。 硬貨の補充、回収は全て人件費が余分にかかるし、大量に集った硬貨は アルソックとかで現金輸送で送らないといけない、拠点に集まった硬貨を 整理するにも人件費です。 ATMから硬貨なくなればかなり人件費もかからなくなりますね。 それからATM由来の故障は、ほぼないですね。 昔と違い数年たっても故障はしません。 だいたい週に1回程度は、エラーで呼ばれますが、ほぼ人的エラー 曲がった硬貨を入れる、異物を入れる、錆びた硬貨を入れる 濡れた紙幣を入れる、外国のお金を入れる、紙幣口に硬貨を入れる 通帳に誤って1円硬貨を挟んだまま入れる。 一番ひどい時は、札帯をしたままATMに100万を入れて当然エラー お客さまは激怒。 こんな感じです。 ATMでの硬貨料金が出るようになり確かに不便ですが、中には 歓迎されている方もみえますよ。 (お札しか出し入れしない方ですが) 硬貨を入れる方は、 大量に入れる⇒何回も入れる⇒ATMの限界を超えるとしばらく停止 後ろで待って見える方がイライラしてるのを見ることがたまにあります。 少なくともこんな光景は減りますね。

0

そもそも日本以外の国で硬貨が投入できるATMなんてほぼありません。 それどころかATMに紙幣の自動読み取り機能すら無く、ATMで入金するためにはATMで入金手続きをした後に、 ATM横に備え付けの封筒に紙幣(あるいはパーソナルチェック)を入れてATM横のポストに投函する(そして翌営業時間に銀行員が手続きする)ような機械が存続している国もあります。 バスの料金箱でお釣りが出るような国も日本だけです。(バスでは所定金額以上投入するだけ、 札しか持っていなければ札入れて降りるだけ) 取り扱う手間が大きい割に金額が小さくて利益を産まない硬貨を扱うために設備投資する経営的メリットなどありません。 日本以外の国では硬貨を機械で扱う前に、電子化の波が押し寄せており、現金を使わない社会になりつつあります。