現在進行形で行われている小学生の娘に関する継続的ないじめの件で、学校にいじめ解決のための要望書を提出しました。 今後、通常なら、学校側は、各方面に、どのような対応をしていくのでしょうか。

補足

一方的な身体的暴力を含め、たびたびトラブルがあり、先生にはその都度報告、丁寧に指導していただいていました。 が、大人の目の届かない水面下で、毎日のように、やりこめるような発言や、わざわざ別のクラスからやってきて娘の人間関係に入り込んだ上で仲間はずれにしようと言う発言など、精神的な暴力と思われることが続いており、それは娘が言いたがらず、発覚に時間がかかりました。 それは最近先生に報告して、休み時間の見守りという形で対応してもらいました。 いじめっ子を避ける言動「一緒に学校にいきたくない」をしたところ、逆に問題だと加害児童の親から先生に報告がありました。 先生は児童同士のトラブルでいじめだという認識がなく、私がそのことについて問合せたところ「避ける逃げるは人としてよくないのでは」とのこと。 逃げることも許されない環境は危険と考え、正式にいじめだとする要望書を提出しました。 娘は「自分はゴミ、自分は死んでも良い存在、死にたい」など一年生とは思えない不自然な自己イメージの低下があります。3学期になってからはずっと半不登校状態で、加害児童のクラスと合同の体育の日は欠席か、遅刻します。

小学校 | 学校の悩み331閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

具体的なアドバイス大変参考になりました。 ありがとうございました。 他の皆様もご回答も大変参考になりました。ありがとうございます。 関連する法律をプリントアウトして持ち込みます。 面談まで日がないので弁護士を用意することはできませんが、上手くいかないようであれば、弁護士も視野に入れようと思います。 ありがとうございました。

お礼日時:1/22 4:34

その他の回答(7件)

1

要望書なるものを提出されたとのこと。 となると、今までに さまざな経緯があったかと思われます 今までにあなた(保護者側)と 学校はどのような取り組みをしましたか? それを踏まえないと なんとも言えないです。

1人がナイス!しています

補足を拝見しました。 「これまでの学校の取り組みには  感謝をしている」 「けれども、現実の問題として  加害者側が怖くて登校できない  と言うことは問題だと考えている」 「加害者側への指導の徹底について  どのように行うつもりなのか」  (過去の経緯が効果が無かったことを含めて) 「安心して登校できるようにするために  校長としてできることを具体的に示して欲しい」 と言うような内容をメモをして聞きましょう ただし お書きのような状態であるとすると 弁護士さんを使うことをお勧めします。 素人の方が何を言っても おそらく、具体的な改善はないと思われますし 下手なことを言うと 強要罪とか脅迫とられかねません。 しかしながら、ギリギリまで追い詰めないと 具体的な「良案」は出されないからです。

1

いじめに関しては、学校の取り組みは昔とは全然違います。中には隠ぺいしようとする学校もあるのかも知れませんが、ごく少数です。学校ではいじめ防止対策推進法に基づいて、学校独自のいじめ対策の基本方針を策定しなければいけなくなっており、年に2~3回以上のいじめの実態調査、その結果の教育委員会への報告が義務付けられています。 質問者様は、この要望書を提出する以前に、担任等に状況を説明したのでしょうか?また、たぶん行われたであろういじめ実態調査にお子さんがいじめの事実を記載したのでしょうか?もし、そういう行動はすでにしていて、今まで一度も面接や子供からの聞き取り、家庭への状況報告等がなければ、担任や学校の怠慢ということになると思います。もし、今回の要望書の提出が初めていじめの報告なのであれば、ここからがスタートになると思います。 いじめには「いじめ重大事態」という定義があり、「いじめにより当該学校に在籍する児童等の生命、心身又は財産に重大な被害が生じた疑いがあると認める」事態及び「いじめにより当該学校に在籍する児童等が相当の期間学校を欠席することを余儀なくされている疑いがあると認める」事態がこれにあたります。こうした事態が発生した場合は。このいじめの状況を詳細に教育委員会に報告しなければならいのです。 どちらにしても、管理職である教頭先生が面接に参加するということは、それだけ学校としても重大なことと考えていると思います。今回の面接を受けて、まともな学校であれば、教育委員会には一報を入れると思います。そして、そのいじめの実態をいろいろな角度から把握をして、事実であれば、加害者側の指導(保護者も含めて)もあるはずです。場合によっては、被害児童に対しての謝罪なども。そうういう学校であることを望みます。

1人がナイス!しています

0

こちらを見つけました。 弁護士や相談窓口の専門家に手順を聞くといいと思います。 (証拠を用意する場合、音声の録音などでコツがあったりするそうです。) https://yourbengo.jp/minji/1167/ https://stopijime.jp/adult/index.html

0

教育委員会への報告はしないと思います。 そこまで大げさにしたくないのが学校の本音でしょう。 まずは教頭先生が保護者の話を聞いて、それについて担任などと話し合い、加害者生徒への事情聴取になると思います。 加害者生徒は自分に都合のいいことを言うと思いますが、クラスへのアンケートなども実施し、実際にいじめがあったと判断された場合には娘さんと加害者たちを集め、加害者が謝罪する形に持って行くのが一般的です。 それで「仲直りね!解決だよ」とするのが学校としては一番ホッとするところでしょう。 加害者の親にもちゃんと話をして、二度と繰り返さないように指導してもらいたいということは、教頭先生との面談できっぱりと主張した方がいいと思います。 そして一時的な謝罪で終わりとせず、その後も嫌がらせがないか見守って欲しい、親はずっとそばで監視できないのだから先生の方でお願いしますと言うのが良いかと思います。 面談には可能であれば夫婦で参加した方が、学校側も真摯に重く受け止めるんじゃないでしょうか。