3D CADのない時代、設計した曲面を平面に展開するにはどうしていたのでしょう?

補足

たくさんの方にご返答を頂いております。大変感謝いたします。 皆さんのご返答により、2次元の図面によって、3次元の物体を表現する方法はわかりました。 すなわち、断面の製図を行い、これをつなげるということですね。3次元座標で表現することとほぼ同義といってよいのかもしれません。 さて、ご質問は、設計した曲面を平面に展開するにはどのようにしたら良いでしょう。例えば、船の湾曲した側面、底面は曲がった板からできていますね。この板を平らな板から切り出す場合の板取図の描き方です。3D-CADではこの機能を持つものが複数あります。しかし、それがなかったらどうしたら良いのでしょうか? 現物合わせや、型紙の調整になるのかもしれませんが、もう少しスマートな方法があるのかなと考えています。 引き続きご回答お待ちしております。

工学 | CAD920閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

なるほど。なんとなく想像していたのですが、やはりそうだったのですね。 すなわち、三次元上にABCの点があり、A、Bを基準にする場合、AC、BCの距離を測り、二次元平面に写し取っていくわけですね。これを細かく、細かく繰り返して、なめらかな曲線で結ぶと確かに三次元曲面の平面化ができます。高校で習った、「3辺の長さが決まれば三角形が規定される」ことの応用ですね。 しかし、これはものすごい手間ですね。昔の人は苦労されていたんですね。 ご回答がおそらくベストアンサーになると思いますが、もう少し、他の方のご意見も聞かせていただきます。お待ち下さい。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。 得心がいきました。

お礼日時:1/28 15:21

その他の回答(5件)

0

立面が先に出来上がっているのであれば、立面から平面図を書き起こします。 立面図で△のような図があり、立面を起こすのであれば日を横向きにしたような形になります。 三角の斜辺部分が曲面であればR指定をしたり、流線形なら各所に断面図を追加したりすると思いますが、平面図的には同じになります。 ただ無理に平面図に曲線形であるという注釈を入れずに立面や断面などを使うのが一般的かと思います。

1

自分で区切った断面を手でどドラフターでとれぺに書いてました。 これは私が手書きした温水洗浄便座の外形図面です。

画像

1人がナイス!しています

車でも同様に断面形状の指定でやっていました 建築と車や家電製品の曲面の精度はまったく違います。 建築はメートル単位で1cm違っても平気ですが、樹脂や板金金型ではメートル単位でプラマイ0.15mmです。

画像
0

手描き図面や2D-CADのみの時代、3次元曲面は、 1)一定間隔ごと(100mm刻みや、小さいものでは20mm毎など)に断面を取り、 2)その線が滑らかにつながる様に「徐々に変化」の意味の「徐変」という語で指示、 3)これをX方向だけでなく、場合に依ってはY方向、及びZ方向に組み合わせて指示。 ・・こんな感じでした。 実用的にもこれで充分で、3D-CADのデータと比べても、殆ど差は生じません。

たくさんの方にご返答を頂いております。大変感謝いたします。 皆さんのご返答により、2次元の図面によって、3次元の物体を表現する方法はわかりました。 すなわち、断面の製図を行い、これをつなげるということですね。3次元座標で表現することとほぼ同義といってよいのかもしれません。 さて、ご質問は、設計した曲面を平面に展開するにはどのようにしたら良いでしょう。例えば、船の湾曲した側面、底面は曲がった板からできていますね。この板を平らな板から切り出す場合の板取図の描き方です。現物合わせや、型紙の調整になるのかもしれませんが、もう少しスマートな方法があるのかなと考えています。 引き続きご回答お待ちしております。

0

建築は模型を作ることで検証しました。 車はクレイモデルです。

0

建築士です。 ご存じかも知れませんが、建築の世界では、今でも一般的には2DのCADを用いています。 原則としては立面、平面を用いて描写され、細かい部分はDETAIL図で表現しますが、複雑な曲線は、極論、現場指示で作られます。 要するに、今でも2Dが基本です。