ID非公開

2022/1/21 2:08

66回答

バイク対車のサンキュー事故について(自分が任意保険に入れていなかったケース) 朝の通勤時に、私=バイク、相手=車の事故に遭いました。

交通事故 | 自動車保険123閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

①10:90は悪くないと思う。 基本過失は15:85、いわゆるサンキュー事故の場合は単車側にわずかに不利になる場合も考えられるので(場合によっては30:70とか)、手を打ってもおかしくはないかな。 ②バイクの修理代、車の修理代を過失割合に応じて払う、という事。 別な方も仰るように、怪我の治療費等は120万までは自賠責で見てもらえます。それ以上に過失割合が関係してきます。

0

①受け入れるかは質問者様次第。話し合いで解決できない場合は裁判する以外解決方法はありません。受け入れるなお互い合意になるので成立、受け入れないなら話し合いです。ただ保険に加入してるということは弁護士特約などもあり保険という専門家が対応するので相手にしても受け入れることも考えられますが今回質問者様は理由どうあれ無保険です。相手が理不尽な要求してきたとして質問者様は裁判するまで覚悟があるのかともなります。話し合いで解決できない場合裁判しなければ解決できなくなります。解決できなくて困るのは過失の小さい質問者様の方です。 あとドライブレコーダーはあくまで任意で付けるものです。ですので警察の令状がなければ見せるかどうかは任意ですから都合が悪いと見せないのも問題はないことです。ドラレコなど他人のものを当てにしても仕方ありません。 ②自賠責保険があるので怪我の補償が自賠責の支払いで済むなら怪我については100%補償がされます。

0

損害保険の調査員です。 ①過失割合について 二輪車30 : 四輪車70 が基本です。 修正要素として、四輪車がそろそろと頭を出していた。停止していた。場合には、二輪車側に10~20%加算されます。 二輪車が15km/h以上速度オーバーしていた場合も10~20%加算されます。 ②双方の負担する金額について 二輪車側は、相手の四輪車の修理代✕過失割合分です。 四輪車側は、同様に二輪車の修理代✕過失割合分です。

0

① 過失割合については、基本的には右直事故となり主側1~2相手8~9となります。双方も合意で示談。 ② 修理費用は双方の過失割合に応じ、相手側の修理費用を保障仕合います。主は相手車の修理費用の1~2割、相手は主側の修理費用の8~9割です。なお修理費用が時価額を超える場合、時価額までの賠償になります。 主のお怪我の賠償は治療費を含め総額120万までは過失割合に関係なく、100%支払われます。1週間程度の通院なら自己負担はないです。

0

任意保険未加入なら自分で考えろよ。相手との交渉も相手への補償も自力でできるから任意保険未加入なんだろ。失念云々は何の弁解にもならない。