ID非公開

2022/1/21 15:32

66回答

共通テストの現代文で満点取れる人って、幼少の頃から本を大量に読んだ人でしょうか? 経済力の学力格差を乗り越える「読書」の力とは「経済格差」「遺伝」より「本のある環境」が影響

読書 | 大学受験1,750閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(5件)

1

知り合いの子供が現代文100点だったな。 確かに本はよく読んで居たけど、リビングのソファでスマホをいじってる方が多かったような。 あと、知り合いは美術館、博物館、歴史史跡に子供をよく連れて行っていた。 百済観音、戦艦三笠、最後の晩餐、エジプトのミイラ、正倉院展、アンコール・ワットを中学生までに見てる。

1人がナイス!しています

2

今はネットで読めますが、文字を読む癖、登場人物の心情、作者の意図を理解する上には読ませた方がいいでしょう。 ・『世界文学の森』のシリーズ40冊 ・『伝記シリーズ』のシリーズ20冊 ・『マジックツリーハウス』のシリーズ50冊 ・『ズッコケ三人組』のシリーズ50冊 ・『怪人二十面相』のシリーズ26冊 ・『怪盗ルパン』のシリーズ20冊 このレベルはこんなに要らない。 課題図書を中心に。 小6で夏目漱石の「心」が理解できれば優秀。

2人がナイス!しています

低学年で、「星の王子様」辺りを読んで、高学年で読み直したときに 読解力が上達し比喩がわかるとか、深く心情理解ができるようになりますし、散りばめられた言葉の真意に迫れます。受験のためではなく、その後の語彙力や対人関係にもよい方に働くと思います。 ついでに、サイエンスや美術全集なども置いておくと、もっといいです。 読書は心を豊かにし、想像力や多面的見方も学べます。受験と関係なく、その子の人生に深みを与える事ができます。

2

長文を難なく読める様になるには読書は必要だと思います。 現代文のテストに関しては、個人的な感想や考え方は必要無くて、出題者の意図を把握して解く物なので、問題集を沢山解いて解説を熟読した方が点数が取れるかと思います。

2人がナイス!しています

2

個人的には、本を沢山読んでいる人の方が国語が出来ることが多いというのは事実としてある訳で、読書量と国語力に相関関係は間違いなくあると思いますよ。 ただあくまでも傾向としてあるだけなので、下の方のように特に何もしてなくても国語ができる方、逆にセンスがなくててんで駄目って言う人もいると思いますよ。"本を読ませれば国語の成績が上がるはず"と子供に無理矢理読ませ、朗読させるのでは単に読書がトラウマになって中学以降読まなくなるだけだと思うので、あくまで自主性に任せた方がいいと思います。 本を読ませるように誘導するのはありだと思いますけどね。 ちなみに下の方の場合は、京大模試の国語で偏差値65取れる理系という辺りから、国語に限らずどの教科でも好成績なんじゃないですかね?それが努力の賜物か圧倒的な勉強量から生まれたものかはわかりませんが。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2022/1/21 16:37

「人より現代文できるようになりたければ、人の何倍読書すべきだ」と言って誘導すればいいでしょうか?

1

僕は幼少期からほぼ本なんて読まず、中学生の頃からスマホを持っていたので活字に触れる機会など中学高校で扱う国語の文章くらいでしたが、今回の現代文で9割以上取れましたし、理系ですが京大現代文も模試で毎回偏差値65は超えます。 結局はセンスではないでしょうか。 幼少期の読書量と現代文の点数が比例するとは個人的には思いません。

1人がナイス!しています