ID非公開

2022/1/21 23:06

99回答

キヤノンの廉価機のセットレンズはマウントがプラスチック!? >>9割以上の確率でレンズとボディの接点不良が起こります。

ベストアンサー

4

4人がナイス!しています

その他の回答(8件)

0

プラスチックでも色々でアメフトや野球のヘルメットとか耐久性高いですよ。ソニーα7初代はマウント強度が弱かったですね。あのカメラ、売り出し価格が12万円だったからかなり強度削られたんですよ。今α7IVが30万ですから倍以上の価格です。まあ安価なカメラやレンズは安価ですから安く作ること第1なので強度弱いですね。90年代後半のキヤノンのKissやキットの28‐80㎜のレンズなんて皆プラスチックじゃないかな。タムロンもそう。大量販売大量生産、廉価で売れたらいい時代の商品ですね。今カメラが全然売れなくなって各社値上げして物作りのレベルが上がりましたね。逆にライカは昔から廉価な製品は作らずずっと高級機のみでした。だから今でも1本50万や100万のレンズでも商売になっている。ライツミノルタCLでさえ凄く叩かれました。M型と比べたら安っぽくて最悪だとね。

0

私が知っている範囲では、キヤノンのほかに、ニコン、富士フイルム、パナソニック、オリンパスがプラマウントのレンズを出しています。 ソニーはレンズ側は知りませんが、ボディ側がプラマウントだったり、マウントは金属だけど内爪がプラスチックだったりして、サードパーティから「タフEマウント改修キット」「ソニーEマウントカメラ向けマウント強化パーツ」などという不名誉なDIYパーツまで売りに出されていましたよ。 それにしてもリンク先のその回答、ひどいですね。

画像
0

キットレンズの多くはプラスチックマウントだと思います。 某カメラ店で「キットのレンズでもいいけど、マウントがプラスチックだから、カメラを買ったポイントでレンズを値引きして、キットと同じ価格にしますよ。」と別売を勧められました。(なかなか、良心的!)

3

既に回答が御座いますがニコンでも富士フイルムでもプラスチックマウントのレンズが有ります。 エンジニアプラスチックは特別摩耗に弱い訳では有りません。 金属マウントでも摩耗はします。 プラスチックで問題が起きるとすればカケやワレです。 キヤノンのAPS-C用キットレンズはマウントがプラスチック製な事よりも、内部のフレキが断線しやすい方が問題な気がします。 AFが作動しなくなったらマウントのせいでは無く高確率でフレキ断線です。

3人がナイス!しています

1

中級機くらいになると、ボディー側の接点が2つ一組になって、どちらか一方が接触不良でも動作するようになっています。 考えられるのはマウントのすり減りでガタツキが出ている。しかし、”マウントがすり減るなんてのは余程メンテもしないで雑に使っている証拠だと思いますよ。 プラマウントの欠点は”衝撃に弱い”。強くゴツンとやると割れるんです。

1人がナイス!しています