写ルンですの現像についての質問です。初めはスマホ転送して欲しいと頼んだところ現像のものまでついてきたのでそういうものなのだろうと納得したのは良いものの現像したものはどういう使い方をするのでしょうか。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりました。ご回答いただきありがとうございます<(_ _)>

お礼日時:1/25 20:05

その他の回答(6件)

0

現像したもの=フィルムそのもので、それこそが写真の原本です。 例えば、スマホ転送したものはフィルムをスキャナで読み取ったもので、小さな液晶画面で見る分には十分な品質のデータになっているかと思います。 ただ、とても気に入った写真があって、大きな画面(例えばPCの液晶画面)や大きな紙に印刷したものを残したい、と考えた場合に、スマホ転送したデータを拡大すると非常に粗くなってしまうことが多いです。 そのような場合も、現像済みフィルムがあれば、スキャナーで改めて高品質なデータを作ったり、引き伸ばし機という機械を使ってより高品質な、大きなプリントを作ることができます。 ちなみに、スマホ転送の場合も ・フィルムを使って写真を撮る→フィルムに画像が記録される ・現像処理をして、フィルムの画像を眼に見えるようにする ・現像処理を終えたフィルムをスキャナにかけて、画像をデータ化する という手順を踏みますので、『フィルムを現像せずにデータ化』といったことは出来ません。 フィルムで撮影した写真をデータ化する際は、フィルムの現像は必要な処理になります。

0

>現像のものまでついてきた 現像済みのネガフィルムです。 スマホへ転送された画像は、スマホが壊れたりすれば失われます。 パソコンを持っている人であれば、現像済みのネガフィルムから、CDデータ化して、その画像データをスマホ転送します。 ということで、現像済みのネガフィルムは保存が良ければ一生残るものですので、そのフィルムから画像データを作成することが可能ですし、プリントも可能です。

0

何処でスマホ転送して貰ったか分かりませんが、多くの場合デジタルデータは200万画素程度(プリントで言うと2Ⅼサイズ程度の解像度)です。 それを前提で話をすると・・・ フィルムはフィルムの種類やレンズの性能、キチンと露出が合っているかにもよりますが、35mmで最高4000万画素の解像度があったと言う事で、全盛期の最上級クラスのフィルムスキャナは5400dpiの解像度を持たせてありました。 と言う事で、今のフィルムとそこそこのレンズでも、そこまでの解像度は無くても1000万画素以上の解像度はあります。情報量としては雲泥の差があるんです。 大伸ばしをすると、デジタル画像とフィルムからのプリントでは、フィルムの方が高画質にプリントできますね。 デジタル画像をもっと高画質にしたい場合もフィルムから高画質のスキャンをする必要があります。 今の人は大伸ばしプリントもしなきゃ、スマホの画面程度で満足しているので、高画質な原本には興味がありませんから、貴方にとって利用価値が無いなら捨てても構いません。

0

>現像のものまでついてきた< 写ルンです の中には写真フィルムが入っています。 撮影した後に出来る物は現像済みの「ネガフィルムだけ」です。 それが原版で、他には何もありません。 ネガフィルムが不要でしたらデジカメで撮影すれば良いだけです。 フィルム代も現像代もデータ作成費も転送費用も掛かりません。 原版ですから、何遍もデータ化出来ますし、大きなサイズの写真プリントをする時はデータからのプリントより解像度の高い写真が出来ます。 (データはネガフィルムを複写しているので劣化します。) 蛇足: フィルムカメラは、元々はネガフィルムから様々の大きさの「写真」をプリントするだけの物でした。 ディジタルの技術が開発されたので、ネガフィルムを「スキャナーと言う名の平面複写ディジタルカメラ」で撮影すればディジタル画像データに出来るため、デジカメの無かった時代のネガフィルムをデータにするサービスが始まりました。 今からフィルムを使ってデータ化する事が、どんなに無駄な事かなぜ理解できないのだろう...