JR千歳線って、いまやJR北海道の稼ぎ路線だと思うのですが、本線扱いじゃないのはひどくないでしょうか??

鉄道、列車、駅98閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

2

本線は輸送量が多かったり幹線であったりすることと、全く無関係です。 本線とは、大見出しのことです。大きく分厚い運賃表から手作業で駅員が運賃を探していた時代に、大見出し→小見出しの順に検索できる様に路線を並べ、その時に大見出しになった線のことを、本線、その下にある含まれた路線を、支線と呼びました。ただそれだけのことで、その路線の輸送量や重要性とは無関係です。 だから、国鉄では幹線、亜幹線という言葉を別に作る必要があったのです。 千歳線は幹線扱いですよ。 本線の勘違いは、紙の時刻法を駅員も使うため本線が用いられたことから始まります。質問者の様に重要幹線の事だと勘違いする人が続出しちゃったんですね。

2人がナイス!しています

留萌線は大見出しになって、常磐線はならなかった。だたそれだけ。 勘違いしたままでは、幹線と本線は意味がダブってしまうと思いませんか? 多くの人が勘違いしたため、高山線は神岡線の開業を持ってめでたく?沿線の願いで本線へと昇格しました。 輸送量とか関係ないので、昇格もできたりしたんですね。

2

別に酷くないから。 酷いとか意味不明。

2人がナイス!しています

1

本線かどうかってのは歴史的経緯と管理の都合。

1人がナイス!しています