入院領収書と医療費通知の金額が違います。 父が入院しました。 7月の入院領収書は131,870円だったので、支払っていました。

税金 | 健康、病気、病院174閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。 通知だけでもいいんですね。 でも、今回は3件300円ほどで足りない分をそろえましたので、 全部そろいました。 まあ、3件分だけを見ると元をとれていませんが。

お礼日時:1/29 19:10

その他の回答(2件)

0

>7月の入院領収書は131,870円 高額療養費の自己負担限度額は超えていない? 放置していても、還付のお知らせが届くはず。 還付を受けたならば、その額を差し引いて申告してください。

0

入院領収書と医療費通知の差額分が、10万円以上になることもありますよ。 入院領収書=病院でかかった総額(室料差額・オムツ代・特別食用の実費差額分・保険適応外のテープや針の使用なども含む) 医療費通知=保険適応医療費の総額 ですから、確定申告では 窓口で支払った入院領収書の記載額 -高額療養費制度で返金された額 -医療保険・公的補助等の補填額 +交通費など医療控除できるものの額=申告額となります。 お父様がご入院された申告でのお話とのこと、お大事になさってください。

追記:医療費の領収書は5年間保管です。 その間、税務署から領収書提出を求められたら、全て出さねばなりません。 また主様の場合は前出医療費通知のほうが多かったですね。 では医療費通知の多いほうで計算すれば良いです。