ID非公開

2022/1/23 1:48

33回答

ドライブマイカーの皆さんが思う感想を知りたいです。聞かせてください。

日本映画2,700閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

スポイラーに配慮したりしたら、なんかへんな感想文になっちゃったかもです。 ドライブ・マイ・カー、ワタシはお気に入りの1本です、たとえばエンディングとか、おお~イイじゃんって思いました。

その他の回答(2件)

1
ID非公開

2022/1/25 14:35

まず、かなり長尺な映画だが、一方で(根本的な)話の内容はそんなに大層なモンだったかな?と思ってしまう…てのがごく正直なトコロ。 もちろん、主要キャストの演技&文学的な脚本とかの端的な質の高さは在る、でも、その西島秀俊と妻の霧島れいか、そしてこの2人の関係に纏わりついてくる岡田将生にしたってソコまで複雑というワケでもないごく分かり易いキャラにも思えるし、結局は西島秀俊が霧島れいかに終始振り回されっ放し(→そして何だかんだ最後には吹っ切れてゆく)というシンプルなお話だ、とも思う。 ただ、構成自体は(丁寧にタップリと夫妻の関係性を語り込む)序盤+ある一つの「演劇」をつくり込んでゆく中盤+西島秀俊のお話の本チャンたる終盤、と3時間をある程度密度を高く維持するだけの要素の物量は備わっていたとも思うし、個人的にはその中盤なんかも後述どおり実はかなり面白く・興味深く観れたのは確かなのですよね(でもだからとゆーか、全然違う映画な筈なのに観終わった感じは監督の『親密さ』を観た時のソレにかなり似通ってた…と思ったりもしますケドね)。 もうひとつ確かなのは、本作で一番「ユニーク」なのは間違い無く三浦透子のキャラ(と実際のその演技)だというコトですね。 お話的にも特に終盤は非常に重要な役割を果たしていますし、全編通して(実は)彼女のアレコレにより注目して観てゆくべき映画だ、という様な気がしますですね。 中盤の演劇の話が面白かったという部分については、私が個人的に特に興味深かったのは、演出家の西島秀俊と俳優・スタッフとのやり取りとゆーのは、イベントそのものとゆーよりはそのイベントをつくり出す「チーム」をつくってゆく過程の方により近いモノに見えた、という点ですかね。 演劇なんか取り分けそーなのかと思いますが、結局ソコが一番本質的な「クリエイト」なのではないかな、と言いますか(モノよりヒト、的な)。その意味では今回の演劇の建付け(メンバーの多国籍さ・ダイバーシティと、だからそれこそ表面的な「言葉」に頼らないという様な手法)も相まって、なんとゆーかむしろその過程からは博愛主義とか或いはコスモポリタニズムにも通じる様な価値観を感じ取れるとゆーか、その意味でもどこか爽やかなモノを感じました。

1人がナイス!しています

2

とても良かった。3時間近くあったけど退屈せずに見れた。 何もない日常を淡々と流す中、所々で見せるシークエンスがあり、そこが良かった。 爽やかで余韻が残るラストは秀逸。 ( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

2人がナイス!しています