旧日本海軍の連合艦隊司令長官には平時では海軍提督なら誰もがなりたがったのに、豊田副武は司令長官を打診されても当初は嫌がっていたと言われていますが、どうしてなりたくなかったのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:1/27 20:27

その他の回答(1件)

0

今の大臣と同じです、 平時なら名誉職として 何もしなくても官僚が仕事を補ってくれますが、 コロナ禍で失策の矢面に立つような大臣は誰もやりたがりません。 古賀峯一司令長官の後はアメリカ軍の反攻が本格的になり、日本軍の価値がほぼ無い状態になっている時期なので、敗戦の責任者になりたがらない風潮を象徴している事態だと思います。