回答受付が終了しました

ID非公開

2022/1/24 4:31

33回答

昭和40年〜50年代だと思うのですが、その頃菓子パンが個包装ではなく10コぐらいひとまとめに紙のトレーにのせられていてビニール袋に入っており、お店の人がトングで取って白い紙袋に入れてくれました。

これ、探してます | 菓子、スイーツ141閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

回答(3件)

0

とても同感するのですが、私も以前から探していたのですが 多分ヤマザキのお店だと思います。(個人店)*パ―トナ―ショップですね。こちらは聖蹟桜ヶ丘でしたが記憶していて間違いなさそうです。 私はアンド―ナツが大好きで大人になっても味が忘れることなく、いつもス―パ―とかで見かけると裏の表示を確認していて、ヤマザキのは未だ見つかりません。そのド―ナツは小さめで揚げた物でした。それと並んで丸い?パンの真ん中に白いクリ―ムと赤いチェリーが挟んだ物や マスタードのきいたソ―セ―ジのパンや 焼そばパン…好きでした。美味しい物はずっと忘れることはないのですが、探し求めても もうかなり昔のことなので残念ですが、諦めてます。きっと同世代の方だと思いますが…。見つけることが出来たら是非とも教えて欲しいです

0

昔はその店でパンを焼いているわけでもないのに菓子パンが個包装されていなくて白い紙袋に入れてクルクル回して袋の口をネジる個人商店がありましたよね。 昭和40年代でも大手パンメーカーの菓子パンは商品名が印刷されたビニールの個包装で売られていましたが、その個人店がパン工場でハネられた規格外品を安く仕入れて売っていたとしたら大手パンメーカーの商品の可能性もありますね。 私は1968年発売のヤマザキチョコデニッシュが好きだったのですが、復刻版が出た時に買って食べたら昔ほどおいしく感じませんでした。 ここ数年バター不足だったり価格が高騰していますし、日持ちさせるために水分を少なくしているとか、復刻版といっても昔とは材料の分量が違うのではないかと思いました。 お探しのチョコパン、こんな見た目ではありませんでしたか?

画像