ID非公開

2022/1/24 9:31

88回答

ポーランドと仲の悪い国は、ドイツorロシア?

国際情勢 | 世界史152閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

ドイツ、ロシア両方 ポーランドの潜在敵であり続けている 同じ立場の米軍がポーランドに基地を置いていることが それを象徴している

0

ロシアですね。 ドイツとは、 ・国境線(オーデル・ナイセ線)が現状のままと両国で確定した。 ・第二次大戦や、以後の政策による損害補償について条約が結ばれた。 ・"西側"へ接近するためにはドイツへの接近が必要と判断された。 などの理由で、現在はそこまで大きく敵視していないようです。 一方ロシアに対しては、ハンガリーやバルト3国などと並び、最も過剰、過激な敵視言動を繰り返す国の一つとして知られています。 クリミア併合の以後は他の国々もロシアに対する警戒感が高まりましたが、それ以前の比較的平穏な時期においても、防衛を越えてまるでロシアを挑発するかのような政策をEUやNATOに求めることがしばしばでした。 そして必要以上の対ロ防衛力をNATOに求めながら自分は分担金を出し渋る事も多く、それはNATOの中核となる国々にとって頭の痛い問題ともなっていました。 これに対してロシア側は、EUに向かうパイプラインをポーランドが勝手に閉めようとした時に「警告」したぐらいが対ポーランド反応となっています。 現在のところは、他にこれといって眼に付くものは見られません。 その意味ではポーランドとロシアは仲が悪いというより、第二次大戦とそれ以後の時代から来る恨みによって「ポーランドが一方的にロシアを嫌っている」と言った方が正しいでしょう。 いわゆる「やった方が忘れても、やられた方は忘れない」の典型的な例の一つだと思います。

0

ポーランドは不思議な国です。 近代の歴史から見ると温厚な農業国のような国です。 但し国の成り立ちから見ると強国だったそうです。 あのオスマントルコの軍隊を破った数少ない国です。 その騎兵は当時最強と言われていました。 ただ後継者がいなくて分裂して現在の大きさになった事は悲劇です。 ドイツに支配され、第二次世界大戦ではドイツ軍に駆り出されたようです。 戦後はもっと悲惨な歴史をたどります。 ある村では若者の男たちが収監されて二度と帰っては来ませんでした。 反乱をさせないために取られた処置で、 収監された施設でおびただしい拷問の痕跡だけが独立後に見つかっていて死体も見つからなかったそうです。 消えた若者たちの記憶はポーランドを西欧諸国の中に定着させているようです。

0

ロシアともドイツとも仲良くないです。 昔から、ずっと孤立してます。 1939年以前は同じカトリックのフランスと割と仲良しでしたが。 助けに来るには遠すぎてダメでした。 正直、現在、どこの国ともあまり仲良くないです。