ある質問への回答でこんなことが書かれていたのでビックリしたのですが、本当でしょうか? > 今の時代は中学校の理科で「宇宙は無から生まれた」と習いますので >

3人が共感しています

ベストアンサー

0

下のスレで、大学生の人が貴方に対して、以下のような事を言っていましたよね。 引用 初めて知りました。 自分は今大学生ですが、中学の時の教科書には堂々と「無」と書いてありました。 知識のない中学生にそのような指導をすると、私のような疑問を持つ子もいると考えると教育の仕方にも問題があるように感じてしまいました(汗) サイトの方見てみたいと思います。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14251683239

ThanksImg質問者からのお礼コメント

学研の中学校用の教材にそういう記述があることは確認できました。しかし、だからといって「中学校で習う」というのは明らかに言い過ぎであり、「20代で、その事を知らない方がおかしい」というのも正しくありません。言葉の使い方には気を付けてくださいとご忠告しておきます。

お礼日時:1/26 14:13

その他の回答(6件)

0

2012年度の中学理科教科書改訂についての25pに宇宙の始まりまでは載ってますけど「宇宙は無から生まれた」とはありませんね。 https://tenkyo.net/forum/2012au-watanabe.pdf 教科書ガイドだと載ってるのかな? ガイドに頼りすぎる勉強をしてると自分で考える能力が育たないのでタイトルだけ見て分かった気になってる可能性が大きい。 宇宙の無から創生は未解決問題です。 「無」は大きさゼロなので一般相対性理論ではポテンシャルが無限大に発散してしまうから宇宙はある大きさで始まったとしなければいけない。ポテンシャルゼロで零点振動するのが量子論の揺らぎなので宇宙はトンネル効果でポテンシャルの壁を越えてポンと生まれたとする…というシナリオが検討されてる…という程度のお話ですから「無」から生まれるといより「揺らぎ」から生まれるの方が近いかも。

naxさんとのやり取りに書きましたが、学研が犯人のようです。だからといって「中学校で習う」というのは明らかに間違いですが、それにしても困ったものです。

0

???。現在では、ビッグバンが起こったことは解明(証明)されていますが、ビッグバンの前がどうだったのかについては解明(証明され)されていないのです。いくつかの説が発表されているのですが、証明されいないのです。 だから、「宇宙は無から生まれた」ということは、証明されていません。俗説の一つだと言うことです。

0

私はビレンキン氏の「無」を「真空」であると勝手に定義してしまう風潮について違和感を感じている1人ですが、 ちなみに、私が持っている東大受験生の大人気の参考書「青木の地学基礎をはじめからていねいに」(東進ブックス)のP52の上から3行目で「空間と×いえな×無」という言葉を使って宇宙の誕生を説明している箇所がありました。(転写禁止なので詳細はこれ以上書けません)

情報をありがとうございました。見てみます。 とはいえ、それも高校ですよね。 中学校でさすがにそれはないと思いますが。もちろん、個々の先生が勢いでしゃべってしまうことはあるでしょうが。

0

私はそこで回答しています。 ところがそこで私の悪口を言っている人がいます。 下のようにです。 > 「無」からの宇宙創成論を否定したい事が目的であるのは明白です。その証拠に、スレ主は回答者に返レスを一切せずに、qqq********をベストアンサーに選んでいる事が頻繁にあります。 つまり、このようなスレは、qqq********が他のIDを使って立てていて、自作自演をしているという事です。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11255595141 私は一度でも自分で自作自演はした事がありません。 宇宙に無があった事がない事が根本の考えなので、この無を元に回答する事が不可能なので、返レスと言っているのは意味不明なのですが、多分無を中心にして回答すべきという意味だと思うのですが、それをしないからと言って回答になっていないという事ではありません。 無がなかったのに、それに同調して何故答えなければならないのでしょうか?自分に矛盾した事はしたくありません。 私の考えの趣旨が嫌である人に無理強いしているのではないので、お考えは自由ですが、平気で私が自作自演していると言う嘘を付ける人には反論します。 ところで私がそこで回答している話を、もっと拡張して回答しているのがあるので載せさせて下さい。 以前にした内容を含んでいます。 今の科学でブラックホールなしに宇宙を語れにないようになってなってますが、私はそれはない話です。 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14245645964 今の科学では素粒子という世界があったとされて、それで加速器で原子核同士等を衝突させてます。 このような素粒子の初めがあったかは、私はこれがなかったと見てます。 本来は自然では、原子核や電子の原子で構成されているのが基本という見方です。 ところが加速器が発達して巨大化して、原子核同士等で衝突させる事で、これを素粒子に分解させました。 それで元が素粒子で宇宙は成り立っている感じです。 素粒子は現在16種類で、そしてヒッグス粒子とかも関係されているとされてます。 ところで宇宙の初めにこの素粒子などがバラバラにあるなかで,全ての原子核にこれら16種類+1だけ上手に入り込む事が可能かという事です。 これは丁度もし空一杯に16種類+1の鳥が何万羽も飛んでいて,そしてそこに巣が何百もあったとした場合に,その巣の一つずつの中にキッチリと16種類+1が外の鳥の種類が重ならなく入ると同じような物です。 このように考えても自然の状態で、素粒子がバラバラに存在していた事はなかったと推定出来ます。 これだけ多数という素粒子で組み合わされる原子核なら、原子核の種類はそれに合って色々な種類があってもいいのに,精々陽子とか中性子のグループくらいな基本です。 これは宇宙の自然界で、決してこれ以上に壊れて原子核も存在した事がない意味になるのです。 即ち現在科学が加速器で宇宙初期を見出そうとする事は、却って宇宙を誤解して見る事になるのではないかと私は考えています。 私は原子核などは最初からバラバラであった時がなかった思いです。 即ち原子核が最低限度の物質の存在そのものであって,これが壊れないように存在していた宇宙です。 即ち私は宇宙全ての物質が広がりと集まりを繰り返していたという事で,これでは集まる毎に物質の力が増して,そして全ての物質ではトンでもない反発力になって,全てを遠くまで広げさせた原因になったのです。 陽子等を加速器で衝突させて,宇宙初期の宇宙を再現出来るとして実験を繰り返しています。 それは素粒子は,陽子同士を衝突させる等して出現させています。 素粒子は陽子などを組み合わせているものですが,素粒子で元の陽子などを組み立てられる筈です。 しかしそれがされたという事は聞いた事はありません。 即ち自然に存在している陽子等を人工的に衝撃で壊しても,元の物も再生出来なければ,それは自然な物とは言えません。 人工的に創造された物と言えるだけです。 今瞬間に崩した物をすぐまた今にさえ作り直せない物で,138億年も前に起こった物を再現させようとするのはナンセンスな状況の再現です。 宇宙の存在する理由が,より以上にSFの世界を再現し続けるだけとしか見えません。 こういう事で私は物質全て広がりと集まりをして来た宇宙を考えて来ました。 科学で加速器で原子核などを衝突させて、宇宙初期を再現出来るとしてますが、私はこれは行き過ぎた行為と考えてます。 これは原子核のようなものは、元から壊れないで存在して物質の圧縮にも耐えた考えで、これが元で宇宙の全ての物質が集まっても、圧力を反撃に変えて全てを跳ね除ける事が出来たのです。 自然では原子核等壊れて存在してなかった、即ち陽子とか中性子で支えていたから、全ての物質が繰り返される元になっていたという事です。 集まる毎に重力崩壊して、ブラックホールが出来るような存在はなかったのです。