銀行で割と大きなお金を動かすと、投資信託をけっこう強く勧めてきます。契約を取ると銀行に手数料が入るのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございました。勉強になりました。

お礼日時:1/27 21:12

その他の回答(4件)

0

手数料がなかったら、そもそも銀行は投信なんて販売しませんよ。 銀行で口座作るのにお金ってかかりませんよね。ただの預金だけじゃ他の一般企業みたいに利益がでないので、ローンや投信、保険、外貨預金で手数料を稼ぐしかないのです。 どこで投信を販売するにしても手数料って必ずかかるものですよ。

0

銀行がカネを貸す場合、相手の信用格付けに応じて貸倒引当金を積まなければなりません。これが結構な費用になります。 しかし客に投資信託を売り付ける場合は、リスクは全部相手持ちです。貸倒引当金など全く要りません。純粋に手数料だけが儲けです。 だから止められないのです。

0

商品(投資信託)を売れば購入手数料が入りますし 運用中は信託報酬という経費が関連の3社(販売会社、運用会社、管理会社?)で山分けで入ります。 なお、購入手数料が元々無料の銘柄もありますので不要な場合もあります。 銀行でも個別に購入する時にネット手続き(販売)で買えば無料の商品もあります。 なお、人気の積立NISAの銘柄は国の規則で全品が購入手数料無料になっています。それなりの良い銘柄なら銀行で買えば都合がいいですね。(詳細略)