ID非公開

2022/1/28 21:55

44回答

父親の死亡に伴う遺産分割協議に於いて、長男の私は財産を全て取得する代償として、現在別生計で相続権の有る弟に700万円を支払う事となりました。

補足

贈与税ではないのでしょうか? 今回の遺産相続で手続きを進めてもらっている税理士からは受け取った金額の20%弱に相当する税金の支払い義務が発生すると言われているのですが‥

法律相談 | 税金174閲覧

ベストアンサー

0
ID非公開

質問者2022/1/28 23:56

度々のご回答ありがとうございます。 実は税理士とは直近に500万円で話しをしていました。今回の質問で700万としたのは単に私の思いつきに基づいておりまして‥ 現在弟には約700万の住宅ローンが残っていて、そしてこの春には息子の大学進学も控えており、これから何かと大変な時期を迎えるなという弟思い的な観点から色をつけた格好になります‥苦笑

ThanksImg質問者からのお礼コメント

私の稚拙な文章を唯一ご理解下さり、ご教示頂きまして誠にありがとうございました。 早速税理士に相談したいと思います。

お礼日時:1/29 1:14

その他の回答(3件)

0

代償分割で支払ったお金は贈与税の課税対象ではありません。相続税の課税対象です。 相続税の金額は被相続人(父)の財産の金額、法定相続人の人数などによって決まります。

ID非公開

質問者2022/1/28 23:28

法定相続人は私と母、そして弟の3人です。 当然私は固定資産、預貯金等の総額から債務と基礎控除額を差し引いた金額に対しての相続税を全て支払います。 つまり財産は分割せず全て私が取得する代償として弟に金員を支払うという話しです。

0

遺産分割であって、贈与ではないので、贈与税の対象ではありません。