ここから本文です

インフルエンザウイルスが突然変異するシステムはどの程度、 解明されているので...

インフルエンザウイルスが突然変異するシステムはどの程度、
解明されているのですか?

閲覧数:
257
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

インフルエンザウイルスは1本鎖RNAウイルスであり,修復機構のある2本鎖DNAウイルスと異なり,RNAの不安定性による連続変異(小変異)を起こしやすいのです。連続変異のほかに,インフルエンザウイルスには,reassortmentによる不連続変異(大変異)があります。1957年のアジア型(H2N2),1968年のホンコン型(H3N2)は,いずれもreassortmentによる変異です。reassortmentは,鳥インフルエンザウイルスの遺伝子とヒトインフルエンザウイルスの遺伝子が,豚に感染し,混ざり合うことで,起こります。違法銀行スルガと闘う被害者の会VAIBSの回答でした。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる