曹洞宗のお寺の檀家になっています。 葬儀の際ひ読経と戒名分のお布施を渡したら、住職の希望金額より少なかったのです。 そしたら、 残りはいつ払うのか。 分割で払え。

葬儀1,273閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

アドバイス、ありがとうございます。 私が話した住職が総代だと思います。 そもそも何でもお布施が高額であまり良い印象がありませんでした。 知人の方について、寺院側が勝訴された事に驚きです。 であれば、お布施と言いながら、寺の思い通りの金額になりますね。 祖母の時は父が、言われた額以上お布施をしたのですが、多く貰った時は返さないのに、少ないと分割しろなんて、おかしいと思います。 このような問題は、皆、寺の言う事を聞いて払っているのでしょうか。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お礼が遅くなり申し訳ありません。 どうもありがとうございました!

お礼日時:5/18 23:51

その他の回答(5件)

0

まず、曹洞宗のご本山に、〇〇寺の檀家として、訴えるべきだと思います。裁判については解りませんが、そんなひどい坊主は聞いたことが有りません。 代々のお寺の住職も、本山からのしいて言えば出張社員です。檀家が有ってお寺が有るのですから檀家は大切です、寺離れの今のご時世ならより感じます。 私は臨済宗の大きなお寺の檀家ですが、そんな悪態は聞いたこともないですよ。

2

曹洞宗の僧侶をしています。 私の場合は、檀家さんの葬儀の場合にはほとんどお布施の金額を言うことはありません。檀家さんの横の付き合いの中で、それぞれ分かってもらっているからです。知恵袋にもよく書かれていますが「お布施は請求するものではない」というのが原則です。でも、葬儀社などから葬儀を頼まれたときには、相手の方も金額が分からないので、葬儀社を通してお布施の金額を言っています。 法事などの場合は、施主さんによって金額は様々ですが、その時のお布施が少ないと言ったことはありません。いったんいただいた後に「この金額では少ない」とクレームをつけるのは、僧侶としてちょっと恥ずかしいと思います。でも、知恵袋の中で「お布施は気持ちだからと言われたので、気持ちだけを渡しました」と何も渡さなかったという話もありました。こういう話を聞くと、「それはちょっとあんまりじゃないか」と思うのですが、この質問者さんの文章を読ませてもらう限り、非常識な形で渡されたのではないと思うので、そう考えると住職の方に非がありそうです。 お布施の額で裁判を争うというのは、まず勝てないと思います。もともと、領収書を出すものではないし、金額が決まったものでないので、「私はそんなことを言っていない」と言われてしまったら、どうしようもない気がします。宗務所も受付けて、簡単な調査はするようですが、住職側につくことが多いようです。 離檀については同じ僧侶としては勧めにくい話ですが、今回のようなケースではそれも仕方ないように思います。前の方が書かれているように、離壇の段階でもめることは十分に考えられますね。それほど多額でなければ、離壇料を支払う方がいいかもしれません。 まあ、私の所ではいろいろ揉めることはあっても、離檀料はいただいていませんが。 趣旨と違う答えになっていたかもしれませんが、その点は許してください。

2人がナイス!しています

ありがとうございます! 曹洞宗の僧侶さんよりアドバイスを頂き、心強いです。 やはり、うちの住職の感覚や考え方がおかしい事が分かりました。 もちろん、こちらは常識の範囲内でのお布施を支払っています。 港区にあるので、土地柄も考え、むしろ少し高めに支払っている認識です。 宗務庁にも連絡しましたが、払った金額も妥当だと思うし、請求するのはどうかと思うとおっしゃっていました。 が、だからといって、宗務庁が寺を説得してはくれないので、問題は解決しそうにありません。 離檀をするつもりです。 的確なアドバイス、どうもありがとうございました!

0

>私が話した住職が総代だと思います。 この一文を読んで、この質問者がどういう人なのか、わかる人はわかります。