セキセイインコがメガバクテリアに感染してしまいました。

補足

注射を1週間毎日やるそうです。

鳥類231閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(4件)

1

ウチの子もメガバクでしたが、内服治療(飲水投与)のみでしたね。鳥専門医で! 注射のところも結構あるようです。 生後どのくらいの子なのか分かりませんが、既に発症済みの子は、注射の方が良いかも知れません。治療が遅れると亡くなってしまう場合もある病気なので。 にしても、高すぎるかなぁ〜とは思うし、注射でショックを受けて亡くなる子もいるらしいので、そこは慎重に考えたほうが良いかも、です。 もう1羽の子は、まだ未定なんですよね?その子は内服治療(飲水投与)だけで良いんじゃないかと思いますね。 内服治療(飲水投与)の方は、効果が薄いとへ言いますが、緊急性が無いのであれば十分かと。 あと、治療代が【総額】と書いてありますが、【1回辺り】と言うワケじゃないのですよね? 1羽あたり【総額】3万5千円ほどというのであれば、それぐらいは掛かりますね。

1人がナイス!しています

0

うちもセキセイインコのメガバク治療で注射週1階+毎日投薬で1ヶ月ほどで完治しましたが、2万円ほどかかりました。 ちなみに鳥の専門病院です。 動物病院は自由診察なので値段は獣医次第ですので、高いと思ったら病院を変えればいいかと思います。

0

治療は抗真菌薬なのは間違いないです。 注射による投与も内服投与もあります。 うちのインコさんの時は症状がない状態の時に健康診断でたまたま見つかって内服治療(飲水投与)のみで3週間ほどで完治しました。 もうかれこれ8年くらい前ですがその後の健康診断でも再陽性となったことはありません。 ちなみにお世話になった(今も現在進行形)のは大阪ではインコやエキゾチックアニマルの診療でとても有名な病院の1件です。 質問者様のインコさんの状況にもよると思いますがすでに発症している場合は注射併用は変な治療ではないと思います。 鳥類だけでなく人間の場合もですが真菌(メガバクテリアは真菌です)も薬剤耐性ができるケースがあります。その視点では短期決戦で薬剤耐性化する前に決着させたい方針なんだと思います。 ただ、もう1羽の子が症状が出ていないのであれば内服治療だけでも大丈夫だと思うのですが症状・状態によらず同じ治療方針というあたりが個人的には釈然としない感じです。 質問者様が行かれたのは小鳥さんをちゃんと診られる病院でしょうか? 他の病院も当られたほうがよいかもしれません。 専門外な人のマニュアルやっつけ対応な印象を受けてしまいます。(※個人の感想です。) あと抗真菌薬の注射だけで3.5万円/羽ですか? 他の病院を知らないのですが高額な気がします。

一週間毎に注射ですか?3回くらい打つんでしょうかね? であれば費用面の話はめちゃくちゃ高額ということもないと思います。 1羽はすでにしっかり症状が出ているんですよね?きっと。 でもそこまで速攻しないとダメなのかなぁ?っとも思います。

3

メガバクに注射は要らないです。 他の鳥専門の病院に行かれることを強くおすすめします。

3人がナイス!しています

1週間毎日注射はあり得ない! そんなに症状が深刻なんですか? 私が通っているのは、鳥の保護施設とかの監修医やってる先生ですが、小鳥に注射は、ショック死する子も多く、基本的に経口での投薬で治療していくと言っていましたよ。 経口で免疫力が弱い子は負けて死んでしまうかもしれませんが、ショック死したら一発です。治療も何もなくなってしまいます。 そういう小鳥をたくさん見てきた先生だからこそそういう方針なんだと思います。 色々な病院・治療法ありますが、鳥は選べない。選ぶのは飼い主です。 飼い主さんがしっかり探してあげるのが良いと思います。