梶井基次郎の「檸檬」の冒頭には、 「えたいの知れない不吉な魂が私の心を始終圧へつけてゐた。

文学、古典 | 日本語212閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

それが来たのだというから、ここで来たのはそれでしようね。それとは何かといえば、それは、毎日酒を飲んでいることによって湧き上がる自己嫌悪、焦燥、そういうものにとらわれている自分、そういう状況でしようね。

0

酒を飲み続けていることから湧き出てくる自分への否定的な感情を「宿酔」に比喩しているのです。 「宿酔」はせいぜい二日くらいのスパンのものですが、「毎日飲み続けること」によって、あとで長期間苦しむことになったということでしょう。 長い期間無為に過ごして貴重な時間を浪費した、大切なことに使えた時間を全て失った、というような激しい後悔の念を表現しているのではないでしょうか。