ID非公開

2022/5/8 8:04

99回答

武蔵坊弁慶は、どうして源義経の味方になったのですか。

日本史1,327閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます

お礼日時:5/14 8:05

その他の回答(8件)

1

明治の伽噺作家、巖谷小波の書いた日本昔噺の『牛若丸』は全くの想像の小説です。 まず、武蔵坊弁慶は当時、比叡山の僧兵でした。 その僧兵の中でも特に長刀が強く、都の繁華街であった寺町界隈で幅を利かせていました。 一方、九郎は鞍馬山での修行中に自分が源氏の血筋を引く直系だと知り、都で他流試合をし出した時期だったようです。 そして互いに存在を噂で知り、勝負をしようとしました。 互いが知る仲介者を介して、初めに会ったのは、現在の西洞院松原通りに在る五条天神神社の境内とされています。 ここでは顔合わせだけで、刃での戦いはされなかったようです。 この五条天神は、元々奈良の平城京から移築された神社で平安京造営と同時に794年に建設されました。 九郎と弁慶があった時期は、その敷地は現在の9倍ぐらいあった事が古地図で確認されています。 また五条大橋とは、松原通りの鴨川に中洲を経由してかかっていた橋ですが、昭和の初めに洪水で流出しています。 さて弁慶と義経の仲良し経緯ですが、これは推定で、九郎の源氏再興の気迫に、弁慶が撃たれたのでは無いかと考えます。 その根拠は、弁慶は和歌山の海賊一家の次男で、屋島の戦いの際には実兄の熊野水軍の長に援軍を求めに帰省しました。 (ここは実父の熊野別当・湛増では無い) この時、九郎の思いを遂げさせたいと切に訴えたと白浜の洞窟(水軍の基地)に記録があります。 結局、弁慶が義経に従った経緯の記録はありませんので、推定する次第です。

1人がナイス!しています

0

明治の伽噺作家、巖谷小波の書いた日本昔噺の『牛若丸』によると,武蔵坊弁慶は, 京の五条の橋の上で,通りがかりの武者を討ち負かし,その戦利品として999本の刀を奪ったが,次の千本目で出会った牛若丸に破れ,これを機会に弁慶は,郎党として牛若丸に付き従うことになったという伝説です. この牛若丸が,成長した源義経です.

0

その人品骨柄に心服したんでしょう。ただし、弁慶は想像上の人物という説もあります。京の五条の橋の上♪、と言い伝えられていますが、当時五条大橋はなかったし、牛若、鬼若、と二人の幼名が似過ぎていて、出来すぎ、なんだそうです。

0

人が人を、特に同性の人間を好きになるには、損得じゃないでしょう。その人に引かれるのは気持ちの問題です。 義経はちびだし、出っ歯だったらしいし、見た目はパッとしなかったようですが、「静」という女性に献身的な愛を捧げられていますね。 静は指名手配になった義経と逃避行の途中、一人で捕らえられ、鎌倉に送られますが、頼朝の前で舞いを演じたとき、あの人(義経)と一緒にいた時間が懐かしい、何度も何度もあの時に戻りたい、吉野山の雪を踏み分けて姿が見えなくなったあの人が恋しい、と歌い、頼朝を激怒させた。 しかし、頼朝の妻の政子は、義経への一途な愛に感心し、「私が静の立場だったら、やはりあのように歌うでしょうよ。貴方はそれが御不満なのですか」と夫をたしなめたらしい。 弁慶もやはり、義経という男に惚れたのでしょう。義経という人物に、そういう魅力があったのでしょうね。そうでなければ、自分の命を捨ててまで従おうという人はいません。