介護事業等の設立で社会福祉法人やNPO法人は根拠なく好印象を持つことが多いのですが、そもそもメリットってなんなのでしょうか?

福祉、介護 | 起業66閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

社福法人は利益を出してはいけない法人です。利益を出すとは税金をたくさん納めなくてはいけません。ですので日本中のほとんどの施設が赤字にしています。 また施設を作る際に国が建設費の一部をふたんしてくれます。(だいたい100名規模の施設を作るのに8億円かかると言われてますが5億円は国から援助が出ます。但し建設費全ては当てられるわけではなく例えば休憩室の建設費には当てられないなど制約があります。)

0

社会福祉法人では、税制優遇があります。 利用者からは収入が得られないような仕事で、基本利用者受け入れ人数とかで補助が出ます。 半分公の機関。インフラに近いです。 NPO法人は、もともとボランティア団体が個人契約だったのを法人で契約をできるように、人を雇いやすくなるようにってできた法律です。メリットはそこで、個人の責任だとか個人での契約じゃなくって、団体としてってところ。任意団体ではすべて〇〇団体代表●●みたいな、個人がすべて担う感じになります。あんまりメリットはないですが、個人だと受けられないような仕事を受けられるようになったりします。※規模や事業による。

0

一番のメリットは法人税が営利法人とはまったく違いますよ。 それと、地域によりますが特養などは営利法人はダメで社会福祉法人のみに委託している行政もあります。