建売を購入します。 日曜契約で、まだ契約書もない段階ですが、売主さんに手付金としての400万程の支払いが必要とのことです。 契約まだなのに…心配ですが、不動産はこんなものなのでしょうか?

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

どなたも回答助かりました。

お礼日時:5/15 13:10

その他の回答(7件)

0

400万円なら防犯上の問題、数えるのが大変という事で振り込みと言われる場合が多いと思います。 いつ振り込むかは日曜日契約なら契約前日までにが多いかと思います、平日なら契約するその場でネットバンキングを使って振り込むという事も出来ます。 どうしても契約した後に渡したいのなら不動産屋に伝えて当日現金を持っていくようにしてはいかがでしょうか。

0

手付金は法的には2割まで、なので8000万なら1600万までOKです。 でも全額住宅ローン組む人もいる時代で現金で400万とは正直厳しいですよね。 売主としても冷やかしやドタキャン防止の為手付金を求めるのはもっともです、が額は自由なので交渉したらどうでしょうか? また手付金の保全措置というものがあり金額や率によって変わります。 額の件、保全の件は不動産屋に良く聞いてください。 その辺適当な業者だとこの先が思いやられます。

0

00F348O >不動産はこんなものなのでしょうか? イマイチですが、契約前に手付を払うと言う事に付いてですか? ↑だとして、別に不動産業界だからと言う話ではありません。契約事ですから、双方の合意が基本。 一般的には、契約と手付は同時。 ですが、上記の通りですので、なぜ事前に支払う理由を貴方が聞いて、納得(合意)するかどうか。 納得できなければ、交渉する。 結果合意に至らなければ、契約が流れるダケ。 又は、貴方が折れてて契約するか。 別に、手付を事前に払うのは珍しいと言う程ではない。 特に金額が大きいほど、契約時に現金でと言うケースは少なくなる。

0

土日に契約を行う場合は、通常、現金でやり取り(当然領収書をもらう)します。 現金では防犯上問題がある場合などは、契約直近の平日に振り込むこともありますが、それもリスクがないわけではないので、契約書に「契約後〇日以内に振込みにて手付金○○○万円を振込にて支払うものとする。」などと特約を組んで対応することもあります。 少なくとも、重要事項説明を終えて、あなたが契約の中身を理解してからでないと支払うべきものではありません。 不動産会社は、出来るだけお客にリスクが無いように契約を進めるのが仕事なのですけど、面倒を嫌がって危ない契約でもお構いなしの業者もいます。

1

多くの場合は、契約時に同時です。 ただ、売主さんが現金のやり取りができない会社で 手付金を振込対応の場合 指定の口座に契約前に振り込む。と言う事はよくあります。 会社が大きくなればなるほど、社員の現金の取り扱いに制限がかかり 事前の振り込みになる事が多いです。 しかし手付金の額が大きいですね。物件額も大きのでしょうね。

1人がナイス!しています