回答(8件)

3

あ~ 酒類を提供する免許は持ってるけど売る免許は無いから 飲食店は栓を開けて提供するなり、パッケージを開けて提供するなりします。

3人がナイス!しています

1

サイゼリヤは、ほぼ全員バイトなので、抜栓できる経験を積んだスタッフが少ないのだと思います。厨房内で、コルク栓を開けるのに慣れたスタッフが開けるか、あるいはバイトが悪戦苦闘して開けたものを、サービススタッフが持っていくのだと思います。 たかがワインの抜栓ですが、客前でスマートに開けるにはある程度の技術が必要です。特に学生バイトだと開ける機会が無いので困難かもしれません。

1人がナイス!しています

0

デキャンタという、花瓶みたいな容器で来ます。 元は紙パックの業務用でしょう。

3

飲食店で酒類を販売するのには今飲むことを前提としているので開栓済みでないと提供できません、未開栓で売ると別の販売免許が必要になります。 居酒屋の瓶ビールや冷酒に焼酎等も開栓して提供します。 高級レストランでソムリエがサーブする場合でもテーブルで抜栓しますよね、未開栓のままで提供することはありません。

3人がナイス!しています

3

これは酒類販売免許が関係します。 免許がある店は酒を販売できます。この場合は開栓しません。 免許がない飲食店でも酒類を提供できますが、開栓しての提供が法律で決まっています。サイゼリヤのルールで開栓してからフロアに持っていくことになっているかも。これは次回利用前に本部に確認してからが良いでしょう。電話連絡しかできないのが難点ですが。 しかしあのハウスワインをキャンティと偽ってるのが事実なら酷いですね。 私はヴェルデッキオが好きですが、ハウスワインの白を入れてきたらさすがにわかりますね。 開栓したコルク栓も持って来てくれ、も有効です。

3人がナイス!しています