鮎釣り 昔はナワバリアユが多くてよく釣れたと言われますが、なぜナワバリアユが多かったんですか?

釣り | 水の生物103閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

縄張り鮎は、知りませんが 囮鮎の獰猛さが無くなり 鮎を激しく追わないと言う事を聞いてます。 囮を 足元に泳がすと 遠くへ泳いで行かない 足元を離れない 昔の囮鮎は、ザザザ~と泳いて 川に居る鮎ポイントへ向かって行ったそうです。 囮鮎も 琵琶湖の北側に居る鮎が一番獰猛で 囮としての人気が有ったのですが 今は、獰猛さが無いとも聞いてます。 鮎も ゆとり世代なのか Z世代なのか DNAが変わってしまったようです。 奥多摩漁協は、滋賀県に鮎を買いつけに行くと言って雄琴で遊び 実際に届くのが 徳島ナンバーの活魚車で鮎が運ばれてくると言われてます 滋賀県産は、高く徳島産のアユの方が安く仕入れられるとか。なので鮎自体 獰猛なDNAを持つ 琵琶湖産(滋賀県)ではないので 動きも良く無いのでしょう。

1

「昔はナワバリアユが多くてよく釣れた」と、何処の誰が貴方に語ったのですか? 昔とは何年前ですか? 日本魚類学会の鮎の研究者の話に因ると、 『ナワバリアユのDNAを持った個体を長年に渡り沢山釣ってしまったから、激減して、ナワバリアユのDNAを持ってない個体が生き残った結果、釣れなくなった』と言う笑い話はあります。でもこれは、何年経っても鮎釣りが廃れずに続いているからこそ言えるジョークです。 「昔はダムも少なくて環境もよく天然鮎の遡上が多くて」と言う方もいますが、ダムも少なくて環境もよく天然鮎の遡上が多かった時代は何年前だと言う話し。戦前、戦後? 古川 トンボがトンボと言う形状の針や引舟を作り、諏合正一が九頭竜返しを魅せれば、村田満が引き抜いてタモキャッチ行為を発明したり、そもそも友釣りが成立したのは1970年代以降なんですよ。 「近年環境の悪化もそうですが、天然遡上も少ない」と語る方もいるようですが、多くの鮎釣り河川は戦前、戦後に発電と水量調整を目的に建設されたダムに流程を分断された上流で、『今と昔を比べると』とネットに語る人の年齢は何歳なんだろうと不思議に思えます。 「昔はナワバリアユが多くてよく釣れた」と言うことは、言い方を変えたら「ナワバリアユが居るけど釣れない」と言うことであり、語った人の腕が落ちただけですよね。「昔はアユが多くてよく釣れた」なら「今は鮎が少なくなったもんね」といえますけど。「なぜナワバリアユが多かったんですか?」と言われても、貴方に言った方に尋ねてくださいとしか言いようがありません。

1人がナイス!しています

1

昔はダムも少なくて環境もよく天然鮎の遡上が多くて そういう天然鮎は大きく育つと自然と縄張りを持つようになります でも近年環境の悪化もそうですが、天然遡上も少なく おまけに養殖鮎は、のほほんと育ってるので、縄張りを持たないので今と昔を比べると昔はナワバリアユが多かったなあとそんな感じですね^^

1人がナイス!しています