関西ではどうして飴のことを「飴ちゃん」というのですか? だったらお煎餅は「お煎餅さん」 モナカは「もなか殿」 羊かんは「羊かん君」 ご家宝は「ご家宝様」 あんぱんは「アンパンマン」

その他の回答(6件)

0

東北では「飴っこ」って言います。 同じニュアンスで「お茶っこ」も言います。 あとは魚卵を「子っこ」と言いますね。 イクラは「鮭の子っこ」です。 理由は大人が言うのを聞いてきたから自然と身につくもの、要するに「方言だから」としか言いようがないです。 起源は知りませんが、方言としてもそんなに強い訛りではないし大した理由はないと思います。

0

他の地域は知りませんけど京都では「飴ちゃん」て呼びますね。 私も子供の頃から使てました。 外国から来た「キャンディ」てゆうお菓子と区別するためとちゃいますかね。 「ガム」とか「キャラメル」は外国から入ってきたお菓子で日本にはなかったけど、キャンディと飴は外国と日本で似たようなもんがあったわけです。 逆に「もなか」とか「ようかん」とか「あんぱん」は日本で生まれて外国のもんがなかったからそのまま呼んでるんでしょう。 ところで「ご家宝」て聞いたことないんですけど何ですか?

五家宝(ごかぼう)とは、埼玉県で生産・販売されている和菓子の一つである。 お返事ありがとうございます おこし種を水飴などで固め棒状にした芯をきな粉に水飴などを混ぜた皮で巻き付け、さらにきな粉を表面にまぶしたものであり、青色のものは青大豆を用いて製造されている[1]。 大田南畝の随筆『奴凧』(1821年)に、安永6年(1777年)に日光参詣の道中で食べた「五荷棒」と比べ、今年(1820年)もらった秩父の「五かぼう」は形が大きくおこし米でできている、という記述があるように、江戸時代より北関東の各地で同名異字の五家宝が作られており、製法も時代や地方によって様々なものがあった[2]。 また、加須市でも特産品となっており、約140年前から不動ヶ岡にある総願寺の門前で販売されていたと紹介している[5]。 なお、熊谷市や加須市以外で販売を行っている企業も多い。

0

飴ちゃんって言う人はいますが 少数ですね。。。 大阪の友人は結構いいますね。。。 他はあまり言わないかもしれません。 テレビの大阪のイメージが 関西全員ではないので 大阪のイメージが 関西だと思ってる人も 多いかもしれませんよ。。。(^_-)-☆

1

関西とは、大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県の2府4県です。 私は兵庫県民ですが、飴のことを「飴ちゃん」と言っている人に会ったことがありません。

1人がナイス!しています

0

飴さん^^とも言う

だったらお煎餅は「お煎餅さん」 モナカは「もなか殿」 羊かんは「羊かん君」 ご家宝は「ご家宝様」 あんぱんは「アンパンマン」 これ^^勝手な想像。愚例^^