同じ店にラーメンを食べに通っていると、「非常においしい!」という時と、「今日のはイマイチだったな」と、いう現象が、誰でもあると思います。

飲食店 | ヒト79閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(7件)

0

私も経験あります。 簡単な例で言うと、お腹がいっぱいという状態で食べるのと、丸1日何も食べてないという状態では全く違います。 また、一番最初に食べたときは激ウマと思っても、毎食、食べるぐらいの頻度になると飽きもきます。そうすると見るのもイヤという事になる、不思議なもんです。 おっしゃるように体調で変わる時もありました。風邪をひいて食欲のない時に、これなら食べられる、というものを食べましたが風邪で味覚がボケてたのかなと思う時もありました。 あとはあまりないことかもしれませんが食べ合わせも関係してる時があります。例えばケーキを食べた後に砂糖を入れたコーヒーを飲んでも砂糖を入れてないかのように苦く感じたり、寿司でもそうですが間にガリを挟むと味覚がリセットされるんですが、味の濃いネタの後にサッパリした寿司を食べると「あれっ?」って思う時もあります。 色々考えると自分の舌がいつも同じ、絶対的なものではないと悟りました。

0

ラーメン自体のばらつきと体調が複雑に絡み合ってるのだとおもいます。 2人で来店し、今日はなんか味が薄いなと共通認識することもありますし。

0

私は美味しいラーメン屋のブレという考え方には少し否定的です。 美味しい店、というより、昨今のラーメンって作り方も確立されてきたので、味はかなり安定していると思っています。 それこそ、その日の気温とかに拘る人が下ブレのラーメンを提供するとは考えにくいので。 任された人が根本的にレシピを間違えているとかなら話はわかりますけどね。 常に火を入れている豚骨ラーメン、家系ラーメンなどのお店だったら時間帯や日によって味はブレます。 考えている店はそれを少なくするために調整したりしていますが。 体調悪い時に味が濃いものとか油が強いものは美味しくないと思うことがある。